げんま歯科クリニック歯科情報コラム

げんま歯科クリニック 歯科情報コラム

歯科に関するトピックを紹介します

歯周病と定期検診

歯周病は、歯と歯茎の隙間で歯周病菌が増殖して歯茎に炎症を起こす病気です。

 

そのため、歯周病を防ぐには歯周病菌を除去してお口の中をきれいに保つ必要があります。

 

つまり、日々の歯みがきがとても重要になるのです。

 

でも、歯みがきだけでは除去しきれないことも少なくなく、気が付かない間に歯周病が進行してしまうことも少なくありません。

 

そのため、歯周病を予防するために定期的な歯科検診をおすすめします。

 

定期的にお口の状態を検査することで、初期の歯周病があってもすぐに治療することができますし、歯周病の原因になる歯垢や歯石をプロの力できれいに除去してしまえます。

 

また、みがき残しのクセなど、日々の歯みがきのやり方を改善するアドバイスももらえますので、より確実に歯周病を防ぐことができるでしょう。

 

痛くもないのに歯医者さんへ行くことに、最初は抵抗があるかもしれません。
でも、痛くない時に受診することで、効果的に歯周病を防いで健康なお口をいつまでも保つことができるようになるのです。

 

当院では、一般歯科治療の他、歯周病治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

当院の歯周病治療はこちら
当院の予防治療はこちら


予防歯科治療の始め時

予防歯科治療は、虫歯や歯周病になる前に歯科医で診察してもらって、その原因となる歯垢や歯石の除去、歯磨き指導、フッ素塗布などの予防措置を行う治療方法です。

 

定期的に歯科検診を行うことで、お口の健康を保つことができて快適に過ごすことができます。
また、治療にかかる時間や費用も、虫歯になってしまった場合に比べて抑えることができるでしょう。

 

そんな予防歯科治療を子供に受けさせたいと考える親御さんもいらっしゃるでしょう。
ぜひ、お子様に予防歯科治療を受けさせてください。
そして、その時期は早ければ早いほど良いです。
歯が生える前から親子で来院していただくことで、親御さんは予防歯科についての知識を得ることができますし、歯科医はお子様のお口の状態を最初から知ることができます。
そうすることで、おうちでの効果的なお口のメンテナンスができ、歯科医はお子様のお口の小さな変化にも気付くことができるようになります。

もし、お子様に予防歯科治療を受けさせるつもりなら、できるだけ早く始めた方が良いんです。
ぜひ、歯科医へ相談してください。

 

当院では、小児歯科治療や予防歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

当院の小児歯科治療はこちら
当院の予防歯科治療はこちら

 

 


なぜ歯医者が嫌いなのか?

世の中に様々な病院や診療所がありますが、歯科医院ほど嫌われている医院はありません。

 

もちろん、病院が大好きという人は珍しいですが、なぜこれほど歯科医院が嫌われものなのでしょうか?

 

じつは、その理由の多くは子供の頃の経験にあります。
いま大人になっている人が子供の頃の歯科治療で経験した痛みや恐怖が、いつまでも尾を引いているのです。

 

もしかしたら、ご両親が脅し文句として歯医者さんを出していたのかもしれません。
そうなると、「歯医者さん=恐ろしいもの」という記憶が焼き付けられてしまうでしょう。

 

しかし、医学の進歩は素晴らしく、いまの歯科治療は当時とは比べ物にならないほど痛みがなく音も小さいものになっています。
だから、恐れることなどないんです。

 

中にはお口の中の状態や口臭を指摘されることが気になっている人もいるかもしれません。
でも、ご安心ください。
歯科医は数多くの治療を毎日行っています。ことさらにお口の中について指摘したりすることはありません。
もちろん、治療のための説明はしますが、それはこんじゃ様を攻めるものではなく、現状の説明と治療のためなのです。
ですから、何も言わないほうが不親切な医師なのです。

 

これら以外にも、痛いのが怖いという人も少なくありません。
しかしそれこそ医学の進歩によって無痛治療と呼べるほどの治療を行う歯科医もあるのです。

 

ぜひ、怖がらずに歯科治療を受けるようにしてください。
虫歯はそのままにしていても決して治ることのない病気です。
できる限り早く治療を受けましょう。

 

当院では、できるだけ痛くない治療を心がけています。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

当院のできるだけ痛くない治療はこちら


お子様と歯医者さんに来るときの心構え

歯医者は大人でも怖がっている人もいるくらいですから、子供が怖がるのは仕方ないかもしれません。

 

しかし、お子様がそうして怖がるのには、相応の理由があるものです。

 

そこで、お子様が歯医者を嫌がらないようにするための注意点を紹介しましょう。
これらの点に注意すれば、お子様が歯医者嫌いになるのを防げるかもしれません。

 

・騙して歯医者に連れて行かない
お子様も人間ですので、騙されるのは嫌です。
その上、騙されて痛い目に遭うのですから、歯医者さんに対してよりマイナスなイメージがついてしまうことでしょう。

 

・午前中の受診を
小さいお子様の場合、午後や夕方は疲れて眠くなります。
そのときに歯科治療を受けるのは苦痛を増長させてしまうことでしょう。

 

・怖がらせるような話をしない
「痛いけど頑張ろう」
「○○くんは泣いてた」
などの話をしてしまうと、お子様の中で恐ろしい妄想が膨らみます。
そうなると痛くもないのに痛く感じてしまうことにもなるのです。

 

・待合室では楽しく過ごす
待合室で待っている間に、本を読んであげたりいつもより多く接してあげたりするなどしてリラックスさせてあげましょう。
治療を待っている間が、もっとも恐怖が大きくなる時間です。

 

当院では、一般歯科治療の他、小児歯科治療も行っております。
お気軽にご相談ください。

 

当院の小児歯科治療はこちら


入れ歯とインプラント

ある歯科医は「入れ歯よりもインプラントのほうが噛む力が強いので、インプラントにするほうが良い」と言う。
別の歯科医は「インプラントは歯周病になるリスクが高くメンテナンスが大変だから、入れ歯のほうが良い」と言う。
他の歯科医たちも様々な理由を付けてインプラント派と入れ歯派に分かれます。

 

ですから、入れ歯とインプラントでどちらが良いのか悩んでいる患者様は少なくないかもしれません。
一体どちらがより良い治療なのでしょうか?

 

じつはその正解は簡単です。
「患者様のお口の状態に合った治療方が良い」のです。

 

入れ歯とインプラントでこれだけ意見が違って良い点悪い点があるということは、どちらにもメリットデメリットがあるということです。
だからこそ、お口の問題に対して効果的な治療を行うのが正しい治療です。
入れ歯とインプラントでどちらのほうが優れているなどという話はナンセンスなわけです。

 

もちろん、歯科医にも得手不得手はありますので、自分が得意な治療を勧める人もいるでしょう。
しかしそれも、より確実に患者様のお口の機能を取り戻すための意見の一つにすぎません。

 

だから、治療法にこだわるのではなく治療後にどうなるのか、どんな問題を解決するための治療なのかをしっかりと確認して決めてください。
もちろん、他の歯科医に相談しても構いません。

 

重要なのは、患者様が納得して治療を受け、元の生活を取り戻すことなんです。

 

当院では、入れ歯治療の他、インプラントなど様々な歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 

当院の入れ歯治療はこちら
当院のインプラント治療はこちら