できるだけ早い歯科受診を

げんま歯科クリニック 歯科情報コラム

歯科に関するトピックを紹介します

できるだけ早い歯科受診を

重度の虫歯や歯周病になると、歯を抜かなければならなくなる場合があります。

だから、患者さんの中には「歯を抜かれたくないから歯医者さんに行かない」という人もいます。
また「治療が痛いから行かない」という人もいます。

 

でも、その考え方はとても危険です。

 

なぜなら、虫歯や歯周病は自然治癒することはほとんどないからです。
つまり、「痛いから嫌」「歯を抜かれたくない」と歯科医から遠ざかることで症状がどんどんと悪くなり、虫歯で苦しみ歯を失うリスクがますます高まってくるわけです。

 

永久歯は一度抜くと戻ってきません。
ですから歯科医としてもできる限り抜かないようにしたいと考えているものです。
歯科治療の進歩はめまぐるしいものがあります
そのため以前なら歯を抜くしなかった状態でも、多くの場合歯を残すことができるようになっていますので「今さら遅い」ということは少なくなっているでしょう。
でも、治療開始が遅くなればなるほど、治療期間が長くなりますし、治療中に感じる痛みも強くなるのが一般的です。
だからこそ、できるだけ早く歯科医を受診していただき、簡単に治せるあいだに治療を始める必要があるわけです。

 

もしお口の状態で機にあることがあれば、できるだけ早く歯科医へ相談してください。
そうすることで、健康なお口を維持し続けることができるのです。

 

当院では、一般歯科治療の他、小児歯科治療や根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

当院の虫歯治療はこちら

関連する記事

  • バイオフィルムの脅威22022年7月26日 バイオフィルムの脅威2 バイオフィルムの中でミュータンス菌は酸を作り、それらは膜の外には出ないで歯の表面のエナメル質を溶かし始めます。 この状態が進行 […]
  • 歯の根っこの治療ってどんなことするの?12022年4月28日 歯の根っこの治療ってどんなことするの?1 根管治療はまず神経が歯髄まで通っていた根っこのトンネル状の穴(根管)の内面を専用の器具で削り取りながら清掃・拡大します。 […]
  • 乳酸も虫歯を進行させる22022年7月26日 乳酸も虫歯を進行させる2 口の中では数多くの細菌がそれぞれ村を作って生息しています。   お互いに干渉しないように、自分のテリトリー […]