虫歯の原因はミュータンス菌2

げんま歯科クリニック 歯科情報コラム

歯科に関するトピックを紹介します

虫歯の原因はミュータンス菌2

血液サラサラ効果を狙って健康のために黒酢を飲んでいる人がいますが、酢と同じくらいの酸が常に歯についていることになります。

 

ちなみに、黒酢を飲んでも歯が影響を受けないのは、すぐに流れてしまい歯に長時間ついていないからです。
酢と同じくらい強力な酸が、歯の表面についているのですから、歯を守る帽子の役割のエナメル質も傷がつきます。これが虫歯の第一歩です。

 

虫歯菌がエナメル質を溶かすことを「脱灰(だっかい)」といい、歯の表面が白くにごってきます。
しかし、エナメル質は知覚がないので、痛みやしみるといった自覚症状がないままに虫歯が進行します。これが「C1(カリエス1)」の段階で、虫歯菌を排除してフッ素などを塗っておくと自力で再生できます。

 

エナメル質の下にある象牙質は、エナメル質に比べる柔らかくなっています。虫歯が象牙質に至ると、より深く広い穴が空きます。

この状態になると、冷たいものや甘いものを食べるとしみるようになります。

象牙質には極細い象牙細管があり、その中を液体が通っていて、冷たいものが口の中に入ると象牙細管の中の液体が収縮し、温かいものが入ると液体が膨張することで温冷を感知しています。

 

また糖分と液体の浸透圧の差によって甘いものを感知するのでしみるようになります。この段階が「C2(カリエス2)」です。

 

当院の虫歯治療はこちら

関連する記事

  • 虫歯菌22022年6月2日 虫歯菌2 ほぼ100年近く経った1970年代のこと、虫歯に直接関係のある菌が突き止められました。 ストレプトコッカス・ミュータンス( […]
  • 予防歯科って歯磨きのことじゃないの?12022年4月28日 予防歯科って歯磨きのことじゃないの?1 確かに予防歯科とは歯磨きのであったり、砂糖をはじめとする甘いものの制限などであったりと考えられていました。   […]
  • 虫歯にならない方法はあるの?2022年4月28日 虫歯にならない方法はあるの? 小さな虫歯の治療方法をみても、現在の歯科医療は従来型の歯科医療と比べて おおきく変わってきています。そして歯科医院自体もあくま […]