矯正治療中の食事について

げんま歯科クリニック 歯科情報コラム

歯科に関するトピックを紹介します

矯正治療中の食事について

歯並びや噛み合わせが悪く、矯正治療を考えているけれども、矯正治療中の食事が心配という方も多いかと思います。

 

矯正治療中だからといって、食べてはいけないものはありません。

 

ただ、食べ方に“コツ”があるので、今回は、歯科矯正治療中にも食事を楽しむためのポイントについてお話ししたいと思います。

 

キャラメルや餅などのねばねばした食べ物は、器具にくっつきやすく、くついたあとに器具が外れてしまうこともありますので、食べ方には注意が必要です。小さくして、なるべく歯につかないように、奥歯で噛むようにすると上手に食べられます。

 

お煎餅や、氷、フランスパン等の堅い食べ物も、噛んだ時の衝撃で器具が外れてしまう事があります。この場合もやはり、小さくしたり薄くして、歯への衝撃を和らげる工夫をして食べるようにすると良いでしょう。

 

ほうれん草などの繊維の多いものや麺類、肉類は、装置にひっかかったり、挟まったりしやすいです。食後には必ず鏡でチェックし、歯磨き、うがいで装置をお手入れしましょう。

 

※歯ブラシは細かいところも磨きやすい、ヘッドの小さめなものを使うと磨きやすいです。
お子様の矯正中は磨き残しがないよう、大人の方がケアしてあげましょう。

 

カレーやキムチ、赤ワインやコーヒーなど色が移りやすいものは、装置を留めているゴムや矯正装置と接している歯の部分に色素が染み込む可能性があります。治療日の前日に食べるようにすると、たとえカレーの色が移って黄色になっても、翌日すぐに取り替えてもらえるので、そんなに気にならないかと思います。

 

※治療日前日は普段食べにくい食事を摂るチャンスですので、しっかり計画を立てましょう!

 

当院では、日本矯正歯科学会指導医の資格を持つ実績豊富な先生が治療を行っています。
矯正治療について不安をお持ちの方でも、まずはお気軽にご相談ください。

 

当院の矯正歯科治療はこちら

関連する記事