歯のホワイトニングとクリーニングの違いって?

げんま歯科クリニック 歯科情報コラム

歯科に関するトピックを紹介します

歯のホワイトニングとクリーニングの違いって?

歯科の診療内容で、ホワイトニングやクリーニングを行っているクリニックが増えていますよね。

 

満足いく結果を得るためにも、治療を行う前に、この2つの診療内容の違いをしっかり知ることが大切です。

 

歯のホワイトニングとは、加齢や遺伝によって黄ばんでしまった歯や、 タバコやコーヒー、紅茶などで、歯に色素が沈着して黄ばみんでしまった歯を“内部から”漂白して白くしていく方法で、保険が効かない治療です。

 

ホワイトニングには主に歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、 歯科医師の指導のもと、患者様がご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。

 

●オフィスホワイトニングとは・・・
簡単にご説明すると、専用の薬剤を塗った後、レーザーや光を当てて漂白します。
短時間で歯を白くできるので即効性はありますが、効果の持続期間が若干短いという特徴があります。

 

●ホームホワイトニングとは・・・
個人の歯形に合わせたマウスピースに、ホワイトニングジェルを流し込んだものを装着して歯を白くしていく方法です。
歯の白さを実感するには2週間以上の時間を要しますが、時間がかかる分、オフィスホワイトニングより白さが増し、持続期間も長いという特徴があります。

 

費用はその歯科医院によって異なりますが、全ての歯を行うと3万円~10万円程度かかるのが一般的ですので、事前のカウンセリングで納得いくまで相談する事をおススメします。

 

これに対して歯のクリーニングとは、
歯の表面にこびりついた汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を専用の機械で除去することをいいます。“表面の汚れ”がきれいに取り除けるので、元来の歯の色に戻すことができます。
(色素が沈着してしまっている場合はクリーニングのみでは難しいです。)

 

ホワイトニングをするにしても、まずこの治療をしてから白くすることになります。

 

歯石を取り除くだけなら、健康保険が適用されそれほど費用がかかりませんので、大掛かりな治療になる前に、こまめな手入れをすることが白い歯を保つためには大切です。

 

信頼できる歯科医師を見つけてこれらの治療を行うと良いですね。

 

当院のホワイトニングはこちら

関連する記事

  • 虫歯の原因はミュータンス菌22022年6月2日 虫歯の原因はミュータンス菌2 血液サラサラ効果を狙って健康のために黒酢を飲んでいる人がいますが、酢と同じくらいの酸が常に歯についていることになります。 […]
  • バイオフィルムの脅威22022年7月26日 バイオフィルムの脅威2 バイオフィルムの中でミュータンス菌は酸を作り、それらは膜の外には出ないで歯の表面のエナメル質を溶かし始めます。 この状態が進行 […]
  • 入れ歯とインプラント2022年8月19日 入れ歯とインプラント ある歯科医は「入れ歯よりもインプラントのほうが噛む力が強いので、インプラントにするほうが良い」と言う。 別の歯科医は「インプラ […]