歯科に関するトピックを紹介します

入れ歯のデメリット

歯を失ったことに入れることになる入れ歯にも、相応のデメリットはあります。
これらのデメリットを知らないばかりに、入れ歯そのものの寿命を縮めている人もいるかもしれません。

 

入れ歯のデメリットを知り、それに合わせたメンテナンスすることで最小にすることができるのです。

 

・細菌の繁殖を助長する
入れ歯を入れることで、お口の中に細い隙間が増えることになります。
遅い隙間は唾液による洗浄が行き届かないことが多いので、お口の中の細菌が増えることがあるのです。

 

・健康な歯に影響を与える
部分入れ歯は原則として健康な歯を土台にして設置します。
そのため、それまでかかっていなかった力がその歯にかかってしまうことになりますので、悪影響を与えてしまうことがあります。
ぴったりと合った入れ歯であれば大きな影響はありませんが、年月が経つなどしてずれてしまった入れ歯は健康な歯に悪い影響を与えやすくなってしまいます。

 

・入れ歯には寿命がある
残念ながら、自由診療の高額な入れ歯であっても、一生使えるという保証はありません。
素材によっては5年程度しか保証されていないものもあるのです。

 

これらのデメリットは、お口のお手入れだけではなく入れ歯のメンテナンスもこまめに行うことで最小にすることが可能です。
入れ歯を入れた人は、歯科医の指示に従ってこまめなメンテナンスを忘れないようにしましょう。

 

当院では、患者様が納得して健康な生活を手に入れられる入れ歯を目指しています。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

当院の入れ歯治療はこちら

関連する記事

  • 矯正治療中の食事について2022年3月23日 矯正治療中の食事について 歯並びや噛み合わせが悪く、矯正治療を考えているけれども、矯正治療中の食事が心配という方も多いかと思います。   […]
  • 虫歯は減ってきている2022年6月2日 虫歯は減ってきている 最近は本当に虫歯の子供が減ってきています。   20年前は800人検査すると半分以上は虫歯でしたが、ここ何 […]
  • 審美治療は何をする?2022年8月19日 審美治療は何をする? 審美歯科治療は、ただ歯の治療をするだけではありません。   もちろん虫歯の患部を削るなどの一般歯科と同等の […]