歯科に関するトピックを紹介します

虫歯菌1

生まれたばかりの乳児には虫歯の原因となる菌がほとんど見られないことから、大人が口移しで食べ物を与えたりする際に、食べ物と一緒に子供の口の中に入るのではないかと考えられています。

大人から子供へ、虫歯菌が伝染したということです。

 

細菌は目に見えませんので、どこからでもどんな方法でも口の中に入る可能性があります。

そして、自分に適した環境になるととたんに増殖を開始します。

 

虫歯の原因が細菌だと世界で初めて発表したのは、ペンシルバニア大学のミラーという研究者です。

1890年のことでした。しかし、当時は虫歯の原因菌を特定できておらず、口腔の感染が全身疾患を引き起こす主な原因であるという細菌学説の考え方を発表したのみです。

 

その後多くの研究者によって虫歯が起こるメカニズムが研究されてきましたが、なかなか虫歯菌の真犯人が見つからず、乳酸桿菌(かんきん)という細菌が犯人ではないか、いや他の細菌が原因だと様々な説が出ました。

 

当院の虫歯治療はこちら

関連する記事

  • 歯周病と定期検診2022年9月29日 歯周病と定期検診 歯周病は、歯と歯茎の隙間で歯周病菌が増殖して歯茎に炎症を起こす病気です。   そのため、歯周病を防ぐには歯 […]
  • 虫歯になりやすい人22022年7月26日 虫歯になりやすい人2 子供に比べて大人は虫歯になりにくいことをご存知でしょうか。   大人の歯は硬いので、酸に溶けにくいというの […]
  • 入れ歯のデメリット2022年11月17日 入れ歯のデメリット 歯を失ったことに入れることになる入れ歯にも、相応のデメリットはあります。 これらのデメリットを知らないばかりに、入れ歯そのもの […]