予防歯科って歯磨きのことじゃないの?2-南鳩ヶ谷・鳩ヶ谷・川口市の歯科・歯医者なら「げんま歯科クリニック」

げんま歯科クリニック 歯科情報コラム

歯科に関するトピックを紹介します

予防歯科って歯磨きのことじゃないの?2

次に再発予防ですが、これはすでに虫歯になってしまい、治療をすませた後に再度虫歯にならないように予防するというものです。

 

だから結果の治療が一通り終了した場合は、原因の治療(メンテナンス等)を徹底して新しい虫歯や歯周病にかからないようにする必要があります。

 

従来の虫歯予防は、早期発見・早期治療と言われていました。
しかし、それは日本の保険制度が主に治療(結果の治療)という分野だけに対応し、予防(原因の治療)という分野にはほとんど対応していなかったからだと考えられます。
だから、経過監察でいいような小さな虫歯なども、削って詰めるという処置がベストであると考えられていたのです。

 

虫歯だけの予防を考えると、従来からの歯磨きであったり、砂糖をはじめとする甘いものの制限などであったりというのは当然で、そこにプラスして個々人のお口の中の環境や病変に対するリスクの問題を考えあわせていこうという流れに変わってきています。

 

それでは、この個々人のお口の中の環境やリスクの問題というのは何なのでしょう。
例えば友人や知人の中にもいるかもしれませんが、甘いものが好きでたくさん食べているのに虫歯になったことがないという人もいます。

 

その様な人との違いは何かというと、生まれついて歯の質が強いとか弱いとかという違いがある可能性もあるわけですが、忘れられているのが唾液という存在なのです。

 

当院の予防治療はこちら


予防歯科って歯磨きのことじゃないの?1

確かに予防歯科とは歯磨きのであったり、砂糖をはじめとする甘いものの制限などであったりと考えられていました。

 

しかし、現在は流れが変わってきました。
まず予防歯科といっても初発予防と再発予防の大きく二つに分かれます。

 

初発予防とは生まれた時から虫歯をつくらないようにするというものです。
これが守られれば大人になっても虫歯が一本もないというお口が得られるのです。
欧米ではこの初発予防が成功して成人になっても虫歯のない方がいるのですが、日本においてはまだかなり少ないのが現実です。

 

初発予防で重要なことは、乳歯の萌出(ほうしゅつ)とともに予防処置を開始するということです。

 

とは言っても2歳~6歳の子供が完璧な歯磨きをできるわけがありません。

 

この頃のお子さんに対する虫歯予防は親の責任なのです。親が責任を持ってお子さんのお口の中から細菌を無くしてあげる努力をしてください。
そして6歳~12歳くらいまでの永久歯への生え変わり時期には、お子さん自身が歯磨きの方法を習得できているというのが理想ですね。

 

しかし、お口の中から菌を無くすと一言でいっても家庭だけでこれらの予防を実践するのは大変なことです。

 

虫歯をつくらないために歯科医院を利用することも有効な手段なのです。

 

当院の予防治療はこちら


歯の根っこの治療ってどんなことするの?2

削りとって拡大した根管から病巣の膿を排出させたり、薬を詰めたりして根管の無菌化をはかります。

 

根管内がかなり良い条件の場合を除いて、即時に根管へ充填剤を詰めることはしません。
まず根管内を無菌化するための薬を入れて、処置するために削った歯の穴の入り口付近を仮の詰め物で蓋をして、無菌化されるまでの1~2週間程度様子を見ます。

 

無菌化を完了した段階で、ガタパーチャと呼ばれる充填剤に薬をまぶしたものを根管内の必要な部分まで緊密に充填(詰める)します。
ただし、病変の悪化状態や歯根のダメージによっては、処置に数か月要する場合もあります。

 

歯の根っこの治療は複雑で目で見て確認できない処置なので、どうしても不確定要素が存在します。
いくら慎重に処置しても歯の神経に取り残しがでたり、充填剤の充填(薬の詰め込み)がうまくいかない場合もあります。

その場合、ごくわずかに残っていた最近が活性化して痛みや不快な症状が再発することもあります。
このような場合は早めに担当の歯科医に診てもらうことを薦めます。
症状によってはやりなおすことになるかも知れませんが、噛み合わせなどの違う原因で歯根が割れてしまった可能性もあります。
その場合は残念ながら歯を抜かなくてはならないかもしれません。

 

当院の根管治療はこちら


歯の根っこの治療ってどんなことするの?1

根管治療はまず神経が歯髄まで通っていた根っこのトンネル状の穴(根管)の内面を専用の器具で削り取りながら清掃・拡大します。

 

これを根管拡大といいます。このとき神経の取り残しなどがあると後々痛みに苦しめられることになります。根が1本の前歯と、根が1~4本ある奥歯とでは処置時間が異なります。

 

特に数根ある奥歯で、その根がさらに湾曲していたり、髪の毛のように細い根管だと小一時間、あるいはそれ以上の処置時間がかかってしまいます。

 

このように根管治療はとても慎重な手技を要求される神業的な処置なのです。

その割に保険診療内での評価が異常に低いので、まじめな歯科医にとってはジレンマに陥る治療と言っていいでしょう。
とにかく丁寧に処置をしてくれる先生は良い先生ということです。

 

この処置は根管内を目で見て確認できないので、根管が適切に清掃されて拡大されているかをX線写真で確認します。

現在はマイクロスコープ(内視鏡)を使用したり、根管拡大後にレーザーで除去したいものだけを蒸散(瞬間的に焼きとってしまうこと)したりする方法もあります。

 

根管を拡大する理由は、その後の根管充填剤(清掃した根管に詰める薬)を入りやすくするだけでなく、根管内や根の先端部までを無菌化する必要があるからです。

 

当院の根管治療はこちら


虫歯にならない方法はあるの?

小さな虫歯の治療方法をみても、現在の歯科医療は従来型の歯科医療と比べて
おおきく変わってきています。そして歯科医院自体もあくまでも患者さんの立場に
立った歯科医療の提供というスタンスが備わってきました。

 

虫歯の発生は細菌感染といわれています。人が生まれた時は無菌状態なのですから、
これらの虫歯菌がどこから感染するのかというのが問題になってきますが、現在この
感染経路のほとんどは母子感染とされています。

 

1歳前後で離乳食に変わる頃に母親から感染しているケースが多いのです。
これらの時期にどれだけ虫歯菌が感染しているかで、その後の虫歯発生率に大きく
関与していると考えられています。

 

つまりこれらの感染経路を断ってしまえば虫歯になる確率は低くなることは確か
なのです。
実際に米国では、母親あるいは両親のお口の中(口腔内)を徹底的に衛生管理する
ことで、子供の虫歯発生率が軽減しています。しかし、そうはいっても環境によって
どこから虫歯菌が感染するかは分かりません。

 

特に小学校の低学年(7歳くらい)までは、親が責任を持って歯磨き(プラーク
コントロール)を補助してあげる必要があります。
厳しいようですが、子供の虫歯は親の責任です。虫歯にならない方法は、予防管理を
徹底する以外にないのです。

 

当院のむし歯治療はこちら