«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年10月17日

一昔前までは、子どもが治療をするイメージがあったかもしれませんが、最近では、大人になってから矯正治療をする人も増えています。
矯正治療は、いつから始めても問題ありません。「矯正治療をしたい!」そう思った時が、始め時です。

ただし、お口や歯の状態によっては、骨が成長途中である子どものうちに、矯正治療を始めた方が、スムーズに治療が進む事があります。
特に、上顎前突や下顎前突などでは、顎の骨の成長をコントロールする事で、結果的に治療期間が短くて済み、負担も少なくなります。

子どものうちから矯正治療を始めた方が良い理由を順番にあげていきたいと思います。
・理想的な歯並びになりやすい
・ 上下の顎の発育をコントロールすることができる
・ 顎の骨の発育を促す事で、スペースが増え、抜歯をせずに矯正できる可能性が高くなる
・ 指しゃぶりや舌を突き出す癖など、歯並びに影響する悪い癖を早めに解決する事ができる
・ 定期的に診察を受ける事になるので、虫歯や歯周病を予防できる
・ 治療期間が短くなり、治療が安く済む事が多い。

このように、子どものうちから矯正治療をする事によるメリットはたくさんあります。お子さんがコンプレックスを抱きにくくなるなど、心理面に対しても良い影響があります。

矯正治療はいつからでも始める事ができますが、お子さんをお持ちの方で、歯並びが気になる方は、子どものうちから矯正治療を始めるメリットもありますので、一度、歯科医院で相談される事をおすすめします。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年10月10日

虫歯の原因は「虫歯菌」ですが、虫歯が発生するのには、いくつかの要因があります。
「虫歯菌」の存在、「歯の質」「甘いもの」「時間の経過」これらの要因が重なった時に、虫歯は発生する事がわかっています。

その中で「甘いもの」について少し詳しく解説したいと思います。

「甘いものを食べたら虫歯になるよ」
というような事を、子どもの頃言われた事がある方も多いのではないでしょうか。甘いもの(糖)は、虫歯菌が取り入れると、歯を溶かす「酸」を産生し、虫歯を作ってしまいます。
ここで注意したいポイントは、甘いものは"食べる量"ではなく"回数"が、重要だという事です。

甘いものは、食べる量では無く、食べる回数が多いと、虫歯になりやすい事がわかっています。
甘いものを摂取すると、お口の中のpHは、酸性に傾き、虫歯になりやすい状態になります。その後、唾液の力により、30分から40分かけて、お口の中のpHは中性近くまで戻ります。
食べる回数が多いと、お口の中のpHが酸性に傾いている時間が、それだけ長くなり、虫歯のリスクが高くなります。

間食の時間を決めるなどして、甘いものをダラダラと何回も食べないように気をつける事が大切です。

当院では、予防歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年10月 3日

当院は、「お子さんが楽しく治療を受けられるようにすること」をモットーとしています。
歯医者は、歯を削る機械や診療台など、独特の雰囲気があるので、大人でも嫌がる人も居ますから、感受性が豊かな子どもでは尚更、受診を嫌がる事もあるでしょう。
あって欲しくは無いですが、過去に歯医者さんで怖い思いをした事があるお子さんにとっては、歯科医院は怖い場所になってしまっているのかもしれません。

当院では、お子さんが楽しみながら、短時間で治療が終えられるように心掛けています。

歯医者さんは、怖いところでは無い事をわかってもらう事が大切です。ご自宅でも、歯医者さんは「怖い」「痛い」というイメージを植え付けないように注意してください。例えば、歯みがきを嫌がる時などに「歯みがきしないと、歯医者さんで、痛い注射してもらうよ」とか「歯医者さんで痛いことされても知らないよ」など、歯医者さんを悪者にするのは控えてください。
受診前に、必要以上に「痛くないよ!」「怖くないよ!」と声を掛けるのも止めましょう。これは一見良いように感じますが、頭の中で「痛い」「怖い」という言葉を連想してしまうのでよくありません。

お子さんが治療を終えた時には、しっかりと褒めてあげる事も大切です。褒められる事は自信につながります。次の治療もがんばろう!という気持ちに繋がりますので、治療が終わったら良く褒めてあげるようにしてください。

当院では、小児歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年9月26日

歯を白く漂白するホワイトニングには、歯科医院で施術を行う「オフィスホワイトニング」と、自宅でマウスピースを装着して行う「ホームホワイトニング」があります。

今日は、「ホームホワイトニングのメリットとデメリット」について解説したいと思います。

ホームホワイトニングは、最初に、歯科医院で型取りを行い、自分専用のマウスピースを作製します。
マウスピース完成後、マウスピースとホワイトニングジェルを受け取り、自宅に持ち帰り、毎日決められた時間、ジェルを注入したマウスピースを装着します。
個人差はありますが、およそ2週間で、歯が白くなってきます。

1) ホームホワイトニングのメリット
・ 色の後戻りがゆっくり
(理由)ホワイトイングで得た歯の白さは永遠ではありません。
そのままでは、徐々に元の歯の色に戻ってきてしまいます。ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと比較すると、歯が白くなるまでに時間がかかる反面、色の後戻りがゆっくりだという特徴があります。

・ 通院回数が少なくて済む
・ 自宅でゆっくり行う事ができる
・ 知覚過敏が起きる可能性が比較的低い

2) ホームホワイトニングのデメリット
・ 効果が出るまでに時間がかかる
・ 自分で管理をしなければならない
・ 痛みが出ても、その場で見てもらう事ができない

当院では、審美歯科治療を行っております。ホワイトニングについてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年9月19日

入れ歯には、様々な種類があります。当院ではご予算に応じた入れ歯をご提案しています。
保険適用の低コストの入れ歯が中心となりますが、希望であれば、より使い心地の良い、自費の入れ歯を作製する事もできます。

今日は、保険の入れ歯の"厚み"が気になる方におすすめの「金属床義歯」の紹介をしたいと思います。

金属床義歯は、入れ歯のピンク色の床(しょう)の部分が金属で加工されている入れ歯の事を指します。
強度があるので、床を薄くする事ができるため、装着時の違和感が少ないのが特徴です。丈夫で割れにくいというメリットもあります。

保険適用の入れ歯は、主にプラスチックを材料としているため、強度を保つために、全体が厚くなりがちです。そのため、装着時に違和感を感じる事もあります。

保険の入れ歯が、「なかなか合わない」「装着しているとくに不快感が強い」「話しにくい」というような悩みがある方は、金属床義歯にする事で、解決できるかもしれません。

また、金属は熱伝導率が高いという特徴があります。食事をする時に、食べ物の熱を粘膜に伝えやすいので、美味しく食事を食べる事ができます。喉などの火傷の防止にもなります。

金属床義歯は、自費治療の入れ歯になり、使用する金属の種類によって金額も様々です。保険内の入れ歯よりも高額になりますので、よく歯科医院に相談していただき、納得した入れ歯を選んでいただきたいと思います。

当院では、入れ歯治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年9月12日

虫歯が大きくなり神経を取らなくてはならなくなった場合や、根の先に膿が溜まり、根の再治療が必要になった場合、歯の根の治療(根管治療)を行う必要があります。

歯の根の治療では、数回にわたり同じ治療で通院をしなくてはなりません。
歯の状況によっては、数ヶ月にわたり歯の根の治療を行うケースもあります。

歯の根の治療を経験した方は、「どうして、同じ歯にこんなに時間がかかるのか?」と疑問を感じる事もあるかもしれません。

歯の根の形は様々で、細かく枝分かれしていたり、網目状になっているなど、複雑な形をしている事があります。
歯の根の治療では、根管内部を完全にきれいにしてから、蓋をしなくてはなりません。
仮に、感染物が残ったまま蓋をしてしまうと、後で痛みが出てしまい、再治療が必要になってしまいます。
数回に分けて、慎重に全ての根管内の感染物を取り除いていきます。
1回で終わる事は難しく、消毒薬を入れ替えながら、2〜3回の治療が必要になる事が多いです。

初めに行った歯の神経の治療がうまく行かず、再治療になったケースでは、5回以上かかる事があります。
歯の根の先に膿が溜まってしまったり、虫歯を放置した結果、神経が死んで根の中が腐ってしまった場合には、根の中を消毒するのに時間がかかってしまうのです。

当院では、なるべく抜歯をせずに歯を残すための治療、根管治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年9月 5日

歯周病は、静かに進行していく病気です。これは歯周病の恐ろしい所でもあります。
初期の段階では気がつかずに放置してしまった結果、痛みなどで歯ぐきの異常に気がついた時には、既に重度にまで進行して手遅れの状態になってしまっていた、という事が起こる可能性があります。

そうならないようにするためには、日頃から丁寧な歯みがきと定期検診で歯周病予防に努めるとともに、歯周病になってしまった場合は、できるだけ初期の段階で気がついて治療を始める事が重要です。

自分でできる歯周病チェック項目を初期の症状から順番に紹介していきたいと思います。

・ 歯ぐきからの出血
歯みがきをした時に気がつく事が多いです。
みがいた後の歯ブラシに薄く血がついていたり、口をゆすいで吐き出した水に血が混ざっていたら、歯ぐきから出血している可能性が高いです。

・ 歯ぐきの腫れ
自分でチェックしやすいのは、歯と歯の間部分の歯ぐきです。
鏡で見た時に、健康な歯ぐきであれば、シュッと三角に引き締まりピンク色をしていますが、炎症があると、丸くぷっくりと腫れ赤く見えます。

・ 歯が浮いたような感じがする
初期の段階から現れる事がある症状です。特に疲れている時や風邪を引いている時に感じやすくなります。

歯周病が中程度に進行すると、歯周ポケットが形成され、歯周病菌が増殖して、次のような症状が現われます。
・ 口の中がネバネバとする
・ 口臭がする
・ 噛んだ時に痛む

重度にまで進行すると、周囲の歯槽骨の破壊が進み、次のような症状が現われます。
・ 歯がのびてきた感じがする
・ 歯ぐきから膿が出る
・ 歯がグラグラと動く

これらの症状に少しでも気がついたら、早めに受診するようにしましょう。

当院では、歯周病治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年8月29日

最近は、インターネットや家電量販店などで、様々な種類の「電動歯ブラシ」が市販されています。

"電動"というと、自動的に歯の汚れを取ってくれるようなイメージがありますが、実際には、正しい使い方をしなければ、汚れは取れません。
電動ブラシは、通常の歯ブラシとは、少し使い方が異なります。
時々、電動歯ブラシを、通常の歯ブラシのように、ゴシゴシ動かしてみがいている方が居ますが、その方法では汚れはきれいに落とせません。次のポイントに注意しましょう。

・ ブラシは、歯の面に順番に当てていく
通常の歯ブラシのように、手でブラシを左右に動かす事はしません。歯の面にブラシの先を順番に当てていきます。
一つの歯の面をカーブに沿わせて2〜3回に分けて当てていきます。みがき残しが無いように、歯の表裏、上下、順番に端から当てていくのが良いでしょう。

・ 歯みがき粉は使わない
歯みがき粉は使用しないのがおすすめです。電動ブラシの動きによって、歯磨き粉が過度に泡立ってしまい、歯がみがきづらくなるためです。
清涼感を得たい場合には、電動歯ブラシしよう後に、洗口剤を使用するもの良いです。

最後に、電動歯ブラシと一口に言っても、いくつかの種類があります。
・ 電池で振動するタイプの電動歯ブラシ
・ 音波の力で振動する「音波ブラシ」
・ 超音波の力で振動する「超音波ブラシ」
の主に3種類です。

後に紹介するものほど汚れの除去効果は高く、超音波ブラシが最も高くなります。
超音波ブラシは、超音波の力で細菌の集合体を破壊しながら、汚れを除去していきます。虫歯や歯周病予防に最も効果的でおすすめです。

当院では、予防歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年8月22日

歯科医院で受けられるホワイトニング治療のことを「オフィスホワイトニング」と言います。
歯に「過酸化水素」を主成分とするホワイトニング剤を塗布し、特殊な光を照射して、歯自体の色を漂白する方法です。

歯を傷つける事なく、歯の色を白くする事ができます。
「オフィスホワイトニング」は、一回の施術でも、数段階、歯を白くする事ができますが、効果の出方には、個人差がある事を知っておきましょう。
満足のいく白さになるまでに、数回の施術が必要になる場合があります。

また、ホワイトニングで得た歯の白さは、永遠ではありません。
どうしても、時間の経過と共に、色の後戻りが起きてしまいます。白い歯を維持するためには、数ヶ月に1回、継続してホワイトニングを受ける事をおすすめします。

歯科医院で施術を受ける方法では無いですが、歯科医院の指示の元、自宅で行うホワイトニング方法で「ホームホワイトニング」があります。
歯科医院で歯の型取りをして、自分専用のマウスピースを作り、自宅で処方されたホワイトニングジェルを自分でマウスピースに注入し、歯に装着して、歯を白くします。
オフィスホワイトニング後に、ホームホワイトニングを併用して行う事で、色戻りを防ぎ、より歯を白く維持する事ができます。

当院では、ホワイトニング治療等の審美治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年8月15日

歯に茶色く付着する着色汚れ、見た目が気になりますよね。
歯の着色は、タバコやコーヒーが原因だと思われがちですが、実は、誰でも日常的に口にする飲食物も着色の原因になります。
着色のつきやすい飲食物には、どのようなものがあるのか、紹介したいと思います。

・ 色の濃い飲食物
醤油、ソース、ケチャップなどの色の濃い調味料
カレー、トマトソースなど色の濃い料理など

・ ポリフェノールを含むもの
赤ワインやぶどう、ブルーベリ、チョコレートなど

・ タンニン、カテキンを含むもの
コーヒー、ウーロン茶、緑茶、紅茶など

このように、誰でも日頃から口にするもので、歯の着色が起こるという事がわかります。ただし、着色のしやすさには、歯の質や唾液の質などにより個人差があります。
歯の着色が気になるからといって、着色する飲食物を全て控えるのは、難しいです。食事の楽しみ、栄養面の問題からも、無理に控える必要はありません。

着色を防ぐためには、着色のつきやすい飲食物の存在に加えて、着色しやすい環境を作ってしまう「着色補助食品」にも注意が必要です。
着色補助食品には、次のものがあります。
・ お酢、クエン酸
・ 柑橘系の飲食物
・ アルコール飲料
・ 炭酸飲料
・ スポーツ飲料 など

これらの着色補助食品と、着色のつきやすい飲食物を、なるべく同時に摂取しないようにする事で、歯の着色を予防する事ができます。

当院では、審美治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/