«  2019年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年5月15日

タバコを吸っていると、「ステイン」や「ヤニ」と言われる着色が歯に付着します。歯が茶色く汚れたように見えるので、不衛生に見えてしまうなど、印象が悪くなりがちです。

タバコのヤニは、歯科医院で除去する事ができます。タバコのヤニの除去方法について解説していきます。

・スケーリング
いわゆる「歯石除去」です。歯石を取る事を目的としているため。「ヤニ」を取る目的では、保健適用できませんが、歯石の上に付着したヤニであれば、歯石の除去と同時に除去する事ができます。

・PMTC
PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略で。歯科医院で、歯の表面を専用の機械でクリーニングする方法です。自分では除去しきれない磨き残しを除去するのと同時に、付着しているヤニを除去する事ができます。ただし、強固に付着しているヤニは除去しきれない事があります。

・ジェットパウダー洗浄
エアフローなどとも言われます。細かい塩のパウダーをジェット噴射させて、頑固なヤニを取り除く方法です。ほとんどのヤニ汚れを除去する事ができますが、施述後、歯の表面がザラザラになるので、PMTCとセットでの施術をおすすめします。

・ホワイトニング
歯質自体を白く明るくする事ができます。着色がエナメル質の内部にまで浸透して歯が黄ばんでいる場合や、
歯の色をさらに白くしたい方にオススメです。強固なヤニは、あらかじ別の方法で除去してから、行うと良いでしょう。

当院では、審美歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年5月 8日

矯正治療では、歯が動いて歯並びが整った後も、「リテーナー」という保定装置を付ける必要があります。
「リテーナー」は、動いた歯を固定する装置です。
歯が移動した後すぐは、歯はまだ安定しておらず、歯の周囲の組織は、歯を元の位置に戻そうと働きます。これを「後戻り」と言います。

「リテーナー」は、歯の後戻りを防ぎ、歯の位置を固定させます。

「リテーナー」は、取り外しができるタイプのものとそうで無いものがあります。
また、形態もワイヤーが歯並びを包むタイプのものや、マウスピースタイプのものなど様々です。

リテーナー装着期間は、およそ1年程度ですが、人によって異なります。お口の状況に応じて装着期間や、一日の装着時間が変わってきます。

歯並びが整うと、「やっと矯正治療が終わった」と思い、装置の煩わしさから早く開放されたいという気持ちになるかもしれません。

しかし、整った歯並びを維持させるためには、「リテーナー」を装着する「保定期間」は非常に重要です。時間やお金もかけて整えた歯並びがしっかりと安定するように、「リテーナー」は指示通りに装着するようにしましょう。

当院では、矯正歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年5月 1日

親知らずは必ず生えると思っている方も多くいます。
でも実は親知らずはすべての人に生えるというわけではありません。
どのくらいの確率で親知らずが生えるといえるのでしょうか?

親知らずは上下4本あるのですが、4本全てが生えるという方は50%ほどといわれています。ですから親知らずが生えてこないからと心配する必要はないのです。

しかし昔はほとんどの大人が上下4本の親知らずを持っていたと考えられています。

現代のように柔らかいものが多くなく、硬いものが多かったために噛むためにあごの力が必要だったといわれているのです。

今でも親知らずが生えてくるという方もいますが、親知らずの生える向きが横向きになってしまっていることもあります。

また正常に生えてきても、親知らずはブラッシングが難しく、虫歯・歯周病になりやすために抜歯を選ぶ方も多いです。
今では親知らずがの存在はあっても、なくてもいいほどの退化しているといえるでしょう。

当院では親知らずに関する相談、トラブルなどを幅広く対応しております。

また親知らずに関する実績も多くなってきています。親知らずに関してどうしたらいいのか?と悩んでいる方がいましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2019年4月24日

日本の現代の治療は、歯が悪くなってから治療を行うというスタイルです。しかし実はそれでは大事な体の一部を失っていることになるのです。

そもそも歯は体の中で唯一再生機能を備えていない組織なのです。
つまり一度削るなどの治療を行ってしまうと、二度とは元に戻ることはないのです。

また時間がたったからといって虫歯が勝手に治るわけでもなく、固定をしたからと勝手にくっつくわけでもないのです。

歯は自浄作用と呼ばれる自分で治る機能を持っていない組織なのです。

そんな組織だからこそ歯が悪くなる前に、きちんとした予防を行う必要があるのです。
一度悪くなってしまうと、残念ですが悪くなってしまう一方なのです。

実は虫歯などの治療で削ってしまうと、その歯の寿命が10年短くなるとされています。できるだけ長く自分の歯で暮らしたいのであれば、予防がどれだけ大事であるかがわかるのではないでしょうか?

それに加えて詰め物の劣化でも歯の寿命は短くなってしまいます。歯が悪くなってから治療を行うという今までのスタイルから、歯が悪くなるのを予防する予防中心の治療スタイルに変えてみませんか?今から変えることで、将来の歯への影響は大きなものとなることでしょう。

当院では歯の予防のための治療を推進しております。お気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2019年4月17日

半年に1度のメインテナンスで行う歯石除去ですが、クリーニングをした後に痛みを感じるという方も少なくありません。

あるいは、歯が浮いたような感じがする、歯がしみるなどの違和感を感じることもあることでしょう。
こんな時に、できるだけはやく違和感を取り除くためには、何をしたらいいでしょうか?

歯の違和感が出てしまうのは、歯石を取り除く際に超音波を使った器具で砕きとるからなのです。
超音波の振動が歯にまで伝わってしまい、違和感を生じさせているのです。
もちろんこれは一時的な症状です。ですがあまり気持ちのいいものではありませんね。

どのようにしたらできるだけ早く違和感を取り除けるでしょうか?

対処法としては、歯石除去後にできるだけ早く、そして優しく歯磨きをしてみてください。
ブラッシングで歯茎を引き締めることで、歯が浮いた感じがする場合は解消されます。
歯がしみるというケースには、フッ素のジェルが有効です。歯の根元にしっかりと塗りこむことで、歯のしみを取り除くことが出来ます。

歯石取り後に感じる歯の違和感のために、歯のメンテナンスを怠ってしまうという方もいます。しかしできるだけ長く歯を保つためにはクリーニングはマストです。

クリーニング後の対処法についても当院ではご指導させていただきます。
http://www.genma-shika.com/

2019年4月10日

被せ物や入れ歯を入れた場合など、噛み合わせが合わなくなる事があります。また、そうでなくても噛み合わせは日々変化していますので、使っているうちに噛み合わせが合わなくなってくる事があります。そのような時は、早めに歯科医院を受診し、噛み合わせを調整するようにしましょう。

噛み合わせが合わないまま放置すると、歯や顎に負担がかかるばかりか、全身に不調をきたす場合があります。

【噛みあわせがあわないのを放置する事の悪影響】
・一部分の歯に過剰な負荷がかかり、痛めたり、歯ぐきに炎症を起こしてしまう事がある
・しっかり噛めないので、唾液の分泌が減少し、むし歯菌や歯周病菌が繁殖しやすくなる
・顎関節症のなりやすくなる
・噛み合わせの歪みは、全身の骨の歪みを招き、腰痛や肩凝り・頭痛を引き起こす事がある

一見、お口の中の問題が原因だとわからないような全身の不定愁訴は、もしかしたら「噛み合わせ」が原因になっているかもしれません。

噛み合わせが合わないまま放置すると、歯の寿命を縮めてしまう事にもなりかねません。痛みなど急を要さない場合には、ついつい受診を後回しにしてしまいがちです。噛み合わせに不具合がある場合には、できるだけ早く受診をするようにしましょう。

当院では、一般歯科診療や噛み合わせの治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年4月 3日

乳歯は、永久歯と比べて、虫歯の進行が早いと言われています。ですから、乳歯は、虫歯になったと思ったら、あっという間に重度にまで進行してしまう事があるので、十分に注意が必要です。虫歯の早期発見と早期治療ができるようにするために、子どものうちから、定期検診を受ける習慣をつけるようにしましょう。
乳歯の虫歯は進行が早いため、大人よりも短い感覚での受診を勧める事が多いです。

乳歯は永久歯よりも、エナメル質や象牙質の層が薄く、神経までの距離が近くなっています。そのため、むし歯になってしまうと、あっという間に虫歯は神経にまで達してしまうのです。
また、乳歯は歯質が永久歯よりも柔らかく、虫歯菌の出す酸に弱いので、きちんと歯磨きができていないなど、虫歯菌が付着したままになっていると、すぐに虫歯になってしまいます。

乳歯は、抜けてしまう歯ですが、虫歯を放置すると、次に生えてくる永久歯に悪影響を及ぼす事があります。永久歯の歯ならびが悪くなる場合や、歯の質が弱い
永久歯が生えてきてしまう場合もあります。
口の中に虫歯があると、虫歯菌が多い状態になり、お口の中は虫歯ができやすい環境になります。乳歯から永久歯に生えかわっても、虫歯菌が多い状態では、永久歯も虫歯になりやすくなってしまいます。

乳歯を虫歯にしないように、毎日のケアや食生活に注意すると共に、虫歯になってしまった場合には、早めに治療をする事が大切です。

当院では、小児歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年3月27日

「セルフホワイトニング」という歯のホワイトニング方法を聞いた事はありますか?
セルフホワイトニングとは、安価でホワイトニングを受けられる事から、最近話題になっているホワイトニング方法です。

しかし、歯質自体を白くする効果は無い他、安全性に疑問があるのも事実です。
今日は、セルフホワイトニングについて詳しく解説します。

セルフホワイトニングとは、その名の通り「セルフ」つまり自分自身でホワイトニングをする方法です。日本では、お口の中に触れる行為は、歯科医師・歯科衛生士・医師以外は法律で禁じられています。

セルフホワイトニングは、医療行為ができないサロンやエステのようなところでも、お客さん自身が施術を行うと事により、ホワイトニングを可能だとしたものです。
抜け道のような方法であり、施術中のトラブルは自己責任となります。

また、歯科医院で行うとホワイトニングのように、歯質を漂白するものではありません。歯科医院のホワイトニングで使用する「過酸化水素」は医療機関以外で取り扱うことができないためです。

セルフホワイトニングは、歯に付着した着色汚れを落とし、歯を本来の白さに戻す事を目的としています。ですから、歯自体の色が黄ばんでいる場合には、思うような効果が得られない事があります。

セルフホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニングとは、全く異なるものです。歯のホワイトニングの流行に伴ない、セルフホワイトニングを実施するお店が増えていますが、内容を理解しておく必要があります。

「歯を白くしたい」とお考えの方は、歯のトラブルを防ぐためにも、一度歯科医院に相談してください。

当院では、審美歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年3月20日

永久歯を失ってしまった場合の治療方には、入れ歯やブリッジのほか、インプラント治療があります。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込む事で、自分の歯と変わりないほどの、自然で安定した噛み心地が得られる治療法です。

インプラントは外科手術になります。治療前には、インプラントを行えるかどうか、インプラント体を埋入する骨の量や質などを詳しく検査します。

顎の骨の量が足りないと、インプラントを埋入できない場合がありますが、骨の量を増やす「骨造成手術」をする事で、インプラントが可能になる場合があります。

例えば、上の奥歯にインプラントを入れようとした場合、上の奥歯の上方部分には、上顎洞という空洞が存在します。そのため、骨の高さが足りないケースがあります。

上顎の骨が少ない場合に行う骨造成手術には、「サイナスリフト」と「ソケットリフト」があります。
その他、上下顎関わらず、インプラントを固定する顎の骨の高さや幅が不足している場合に行われる「GBR法(骨誘導再生法」があります。

顎の骨の状態は詳しく調べなければわかりません。インプラント治療が気になる方は、一度歯科医院で相談・検査を行うと良いでしょう。

顎の骨の状態によっては、「サイナスリフト」「ソケットリフト」「GBR法」などにより、骨を増やすことが可能な場合があります。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年3月13日

顎関節症とは、顎関節やその周囲の筋肉や神経が、何らかの原因で痛み、動きにくくなるものです。
口を開けたり閉じたりする時に音がしたり痛みを感じる、また口がスムーズに開かない、顎が痛むなどの症状がある場合には、顎関節症かもしれません。

症状が重い場合には、日常生活に支障をきたす事もあります。

顎関節症の原因は、様々です。顎関節症の原因となりうる要因を挙げていきたいと思います。

・ 歯ぎしりや食いしばりの癖
・ 頬杖やうつぶせ寝など顎関節に負担がかかり姿勢
・ 急激なストレス
・ 左右片側でばかり噛む癖
・ 悪い姿勢
・ 噛み合わせの歪み
・ 睡眠障害
・ 顔面打撲などの外傷
・ 硬いものを食べたり、大口を開けるなどの顎の酷使

これらの要因が重なり、顎間接症の原因になる事があります。緊張やストレスは、顎の周りの筋肉を緊張させます。直接、歯や顎と関係の無いようなストレスや睡眠障害、悪い姿勢も顎関節症の要因になっている事もあるのです。

顎関節症の治療は、発症の原因となっている要因を取り除くと共に、噛み合わせの調整などを行います。
癖や姿勢、生活習慣など、自分自身で意識して改善する必要があるものもあります。自分の生活を見直す事も大切です。

当院では、顎関節症や噛み合わせなど相談などもお受けしています。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/