«  2021年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年3月31日

口臭というのは、誰にでもあるものです。
空腹時や起床時は誰でも臭います。
それら通常の口臭は、歯みがきや洗口液でお口を清潔にすることで防ぐことができます。

ただ、それでもどうしても気になる口臭がある場合は、お口の中に問題があるのかもしれません。

最初に確認していただきたいのは「舌」です。
舌の表面を鏡で見て白くなっているようであれば、それが口臭の原因になっている可能性が高いでしょう。
舌の表面を磨いて白いものを除去するだけで、口臭がなくなることも少なくありません。

また、虫歯や歯周病の原因である歯垢や歯石は、口臭の原因にもなります。
虫歯や歯周病にまで至っていなくても、歯垢や歯石があるとお口が臭ってしまうのです。
そんな時、歯科医に相談して歯科クリーニングを受けると口臭をなくすことができます。
その後、正しい歯みがきの方法を指導してもらうことで、虫歯や歯周病だけでなく口臭も予防することができるでしょう。

当院では、一般歯科治療の他、さまざまな治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年3月24日

「よく噛んで食べなさい」と親御さんに言われて育った人は多いでしょう。
あまりにも言われ続けて嫌になっていた人もいるかもしれませんが、「よく噛むこと」には、メリットがたくさんあるんです。

・虫歯、歯周病、口臭の予防
噛むことで唾液の分泌が促進されます。唾液は天然の洗口剤ですので、虫歯や歯周病、口臭を防ぐ効果が期待できるのです。

・胃腸の働きを助け、肥満を防止する
唾液には消化酵素が含まれていますので、よく噛むことで胃や腸の負担を減らせます。
また、噛むことは満腹中枢を刺激しますので、食べ過ぎを防ぐことができます。

・脳の活性化
噛むことで脳への血流が増加することが分かっています。血流が増えれば脳は活発に機能することができるのです。

・滑舌や発音が良くなる
噛むことで口の周りの筋肉が鍛えられますので、滑舌や発音の改善が期待できるのです。

・味覚が鍛えられる
よく噛むということは、お口の中に食事のとどまる時間が長くなるということです。
そのため食事の僅かな味の変化にも気付けるようになり、味覚を鍛えられるでしょう。


当院では、一般歯科治療をはじめ、様々な治療を行っております。
ご不明なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年3月17日

重度の虫歯や歯周病になると、歯を抜かなければならなくなる場合があります。
だから、患者さんの中には「歯を抜かれたくないから歯医者さんに行かない」という人もいます。
また「治療が痛いから行かない」という人もいます。

でも、その考え方はとても危険です。

なぜなら、虫歯や歯周病は自然治癒することはほとんどないからです。
つまり、「痛いから嫌」「歯を抜かれたくない」と歯科医から遠ざかることで症状がどんどんと悪くなり、虫歯で苦しみ歯を失うリスクがますます高まってくるわけです。

永久歯は一度抜くと戻ってきません。
ですから歯科医としてもできる限り抜かないようにしたいと考えているものです。
歯科治療の進歩はめまぐるしいものがあります
そのため以前なら歯を抜くしなかった状態でも、多くの場合歯を残すことができるようになっていますので「今さら遅い」ということは少なくなっているでしょう。
でも、治療開始が遅くなればなるほど、治療期間が長くなりますし、治療中に感じる痛みも強くなるのが一般的です。
だからこそ、できるだけ早く歯科医を受診していただき、簡単に治せるあいだに治療を始める必要があるわけです。

もしお口の状態で機にあることがあれば、できるだけ早く歯科医へ相談してください。
そうすることで、健康なお口を維持し続けることができるのです。

当院では、一般歯科治療の他、小児歯科治療や根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年3月10日

お口がさっぱりするだけではなく、虫歯や歯周病予防に効果的なのが歯科クリーニングです。

そんなクリーニングの中でも歯石を除去するスケーリングについては、「痛い」「時間がかかる」といった理由で躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか?

でも、歯石は歯みがきで除去しきれない歯垢が固まってできますので、どうしても溜まってしまうものです。
そして歯石は普段の歯みがきでは決して除去することができません。
ですからほとんどの人は、スケーリングを受けなければ歯石はどんどん溜まっていくと考えたほうが良いでしょう。

ただし、歯石は歯の表面だけではなく歯と歯茎の間にも溜まります。
歯と歯茎の間の歯石は専用の器具を使ってかきだすため、どうしても引っ掛ける衝撃などで痛みが出ることもあるんです。
でも、歯科医は細心の注意を払っていますので、傷をつけるようなことはありません。
ぜひ、一度歯科検診を受けて歯科医に相談してみてください。

虫歯や歯周病を防ぐのに、歯科クリーニングはとても効果の高い治療なんです。

当院では、一般歯科治療の他、予防歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年3月 3日

お子様の歯並びを気にしている親御さんは少なくないと思います。

自分の歯並びに自信のない親御さんは特に、お子様の歯並びを悪くしないように気を遣われていることでしょう。
乳歯がなかなか抜けずに永久歯が曲がって生えてきたり、乳歯が早く抜けてしまったせいで残った乳歯が歪んでしまったりするなど、心配の種は消えません。

でもほとんどの場合、生え変わり時期に少し歪んで生えているように見える歯も成長につれて正しい位置へ移動するんです。
だから、慌てて歯科医に駆け込んでも治療されることなく経過観察で終わってしまうことが少なくありません。

もちろん親御さんが心配する気持ちは分かりますし、じつは重大な問題が隠されていることもありますので歯科医を受診することはとても大事なことです。
ただしそれでも、矯正する必要があることはほとんどありません。
なぜなら、お子様はまだ成長してあごの大きさも形も変わりますので、「今」に合わせたところで将来それがマイナスに働く可能性もあるんです。

だから、もしお子様の歯科矯正を行うのであれば、歯科医師はきちんと選ぶようにしましょう。
例えば、次のような条件を満たす歯科医が理想です。

・カウンセリング時に期間や費用、具体的な治療の方法、抜歯の有無などをごまかさずに説明してくれる
・X線写真や歯の模型など、適切なデータをとってから治療方針を決め、丁寧に説明してくれる
・治療を強制しない

これらの条件を満たしていれば、安心してお子様の歯並びを任せられると思います。
もちろん、これらに加えて小児歯科、矯正歯科の専門医や認定医であればよりベターです。

当院では、一般歯科治療の他、小児歯科治療を行っております。
ご不明なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

« 2021年2月 | メイン | 2021年4月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/