«  2021年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年1月27日

虫歯が歯の奥にまで進行してしまった場合、神経を抜いてしまう抜髄処置を施すことがあります。

神経を抜いてしまうと痛みを感じることができなくなりますので虫歯が治ったように感じるかもしれませんが、歯科医の指示がある限りきちんと通院してください。

なぜなら、神経を抜いただけで終わりではないからです。

神経を抜くと、神経が入っていた根管という歯の根にある細い管が空いたままになります。
そこは細く暖かく適度な湿度があって、細菌には最高の場所なのです。
そのため、抜髄処置のあとは根管を殺菌消毒した上で薬剤を詰めて蓋をしなければいけません。
これらの処置は歯の根の形などをきちんと確認した上で進めなければいけませんので、抜髄処置とは別の日に行うことが多いのです。
そのため、当日は仮の薬剤を詰めて仮の蓋をして終わることがほとんどです。
ですから、そのままにしていると蓋が簡単に取れて根幹の奥にまで細菌が入り込んでしまいます。
そうなると歯を失うような事態になる可能性も十分にあります。

虫歯の痛みがまったくなくなったとしても、自分で判断せず歯科医の指示に従って必ず受診するようにしてください。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年1月20日

歯周病の原因はお口の中に溜まっていく歯垢です。
ですから、日々の歯みがきでできる限り歯垢を落としておけば、歯周病を予防する効果が期待できます。

そこで今回は、正しい歯みがきのコツをご紹介しましょう。

・歯ブラシの毛先を当てる
歯みがきのもっとも基本的で1番難しいのが、この毛先を歯と歯の隙間や歯と歯茎の間に当てるということです。

お口の中の隙間やガタガタしているところすべてに、歯ブラシの毛先を当てて軽く動かしましょう。
そうすることで溜まった歯垢を除去し、溜まりにくくすることができます。

・力を入れない
歯ブラシを動かすときには、力を入れる必要はありません。
むしろ、力を入れてしまうことで歯茎に傷を付けたり、歯茎が下がってしまったりすることもあります。
軽い力で細かく動かすことが重要です。

・毎日必ず歯をみがく
お酒を飲んだり徹夜をしてしまったりした日は歯をみがくのを忘れてしまうかもしれません。
でも、歯垢は日々確実に溜まっていきますので、毎日必ず歯をみがくようにしましょう。

当院では、一般歯科治療の他、歯みがき指導も行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年1月13日

歯医者さんに頻繁に通っている人はあまり気が付かないかもしれませんが、いまの歯医者さんは雰囲気づくりに力を入れているところが多いのです。

それは、いまでも多くの人が歯医者さんを恐れているからです。
歯医者さんが怖いところだというイメージがあると、一番通ってほしいお子様が来なくなります。
それでは虫歯を減らせません。

予防歯科の考え方が一般的になりつつあるいま、歯科医は悪くなったら行くところではなく、悪くなる前に通って予防するところなのです。
だからこそ、病人が仕方なくいる場所ではなく元気な人がいて心地よい場所でなければいけません。

そのため、多くの歯科医が待合室の設備や照明などに気を配り、丁寧な対応を心掛けていることでしょう。
また歯科医は患者様の意思を尊重して、分からなければ何度でも説明します。
スタッフも患者様が居心地の良くなるような心遣いのできる人が揃っているのです。

また、「医者が治す」「医者の言う通りにしていれば治る」という時代はもう終わっています。
医師と患者様が協力しなければ、様々な病気は治せません。
特に虫歯や歯周病は生活習慣や日々の歯みがきが大きな影響を及ぼしますので、患者様の協力なくして治療は進まないでしょう。

そういった協力関係をつくるためにも、居心地の良い医院は欠かせません。
お口のことをなんでも気軽に相談できる場所が、歯科医院なのです。

当院では、笑い声が絶えないアットホームな歯科医院です。
お口のことでご不安なことがございましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年1月 6日

審美歯科治療は歯の機能と審美性をともに改善する歯科治療です。

一般歯科治療と同じく虫歯や歯周病の治療を行いますが、その治療の最終段階である詰め物や被せ物の対応方法が違っています。
患者様のお口の状態に合わせてホワイトニングやラミネートベニヤなどの治療を行い、口元の美しさを取り戻すのです。

また、じつはそんな審美歯科治療で重要なのが、患者様の歯ぐきの状態です。
虫歯や歯周病に冒されてしまったお口の歯ぐきは、思った以上に赤かったりどす黒かったりして見るからに不健康な状態になっています。
また、歯周病が進行すると歯ぐきが下がってしまって歯が長く見えるようになっています。
審美歯科治療では、そんな歯ぐきに対してもアプローチします。
歯ぐきの炎症を抑えても改善されなければ薬剤などを使って歯ぐきの色を整え、形成外科的な治療で患者様の歯肉を盛り上げます。
こうすることで、歯そのものだけではなく歯ぐきも健康的できれいな状態になり、口元全体の審美性があがるのです。

美しい口元を取り戻せば、患者様の生活の質は向上することでしょう。
それが審美歯科治療の目的なのです。


当院では、こだわりを持って虫歯や歯周病の治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

« 2020年12月 | メイン | 2021年2月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/