«  2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 予防歯科治療は治療? | メイン | 根管治療のポイント »

2019年11月27日

虫歯の治療は、虫歯菌に感染した患部を削ることで行いますので、歯がくぼんだり穴が空いたりすることになります。

治療後のくぼみや穴を塞がなければ、かみ合わせが悪くなってしまいますし、あごの力で歯が欠けたり、そこに食べかすが残って虫歯が再発してしまうこともあるでしょう。

このくぼみや穴を塞ぐ方法には、インレー修復法とレジン修復法の2種類がありますので、紹介しましょう。

・インレー
一般的に「詰め物」と呼ばれるもので、金属や樹脂、セラミックが使われます。(金属のインレーは俗に銀歯と呼ばれています)
基本的に大きな力がかかることの多い奥歯に適用することが多い治療法です。

インレーが取れないようにしなければいけませんので、まずは治療後の穴をもう少し削って特別な形状(インレー窩洞)にします。
その後、型取り用のガムのようなものを噛んでいただいて型取りし、型をもとにして歯科技工士がインレーを作成するのです。
装着は歯科医師が行いますが、この時必ず調整が行われ、できる限りジャストフィットするようにして、接着剤を使って歯に装着します。

・レジン
特定の光を当てると硬化するレジンを穴やくぼみに詰めて修復する方法です。
歯科医師が治療後すぐに行うことができますので、1日で終わりますし、保険適用内の治療でも治療跡が目立ちません。

治療の手順は簡単で、治療後の穴やくぼみにレジンを詰め、光を当てて固まらせるだけ概ね完了です。その後、表面を研磨して歯との段差をなくしてしまえば、舌で触っても見た目にもほとんど分からなくなります。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.genma-shika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/798

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/