«  2019年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年11月27日

虫歯の治療は、虫歯菌に感染した患部を削ることで行いますので、歯がくぼんだり穴が空いたりすることになります。

治療後のくぼみや穴を塞がなければ、かみ合わせが悪くなってしまいますし、あごの力で歯が欠けたり、そこに食べかすが残って虫歯が再発してしまうこともあるでしょう。

このくぼみや穴を塞ぐ方法には、インレー修復法とレジン修復法の2種類がありますので、紹介しましょう。

・インレー
一般的に「詰め物」と呼ばれるもので、金属や樹脂、セラミックが使われます。(金属のインレーは俗に銀歯と呼ばれています)
基本的に大きな力がかかることの多い奥歯に適用することが多い治療法です。

インレーが取れないようにしなければいけませんので、まずは治療後の穴をもう少し削って特別な形状(インレー窩洞)にします。
その後、型取り用のガムのようなものを噛んでいただいて型取りし、型をもとにして歯科技工士がインレーを作成するのです。
装着は歯科医師が行いますが、この時必ず調整が行われ、できる限りジャストフィットするようにして、接着剤を使って歯に装着します。

・レジン
特定の光を当てると硬化するレジンを穴やくぼみに詰めて修復する方法です。
歯科医師が治療後すぐに行うことができますので、1日で終わりますし、保険適用内の治療でも治療跡が目立ちません。

治療の手順は簡単で、治療後の穴やくぼみにレジンを詰め、光を当てて固まらせるだけ概ね完了です。その後、表面を研磨して歯との段差をなくしてしまえば、舌で触っても見た目にもほとんど分からなくなります。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年11月20日

予防歯科治療というのは、虫歯や歯周病にならないようにする治療のことです。

正確には、初期の虫歯や歯周病を早期に治療して再発しないようにすることで、虫歯や歯周病で歯を失うことを防ぐ手法です。

その内容は、一般的に次のような流れで行われています。

1. 歯科検診
2. クリーニング
3. 初期の虫歯の治療
4. メンテナンス

すべて一般歯科でも行うようなことですが、予防歯科ではこれらの手順を「虫歯に気が付く前」に定期的に行うのです。
そうすることで、虫歯治療に時間がかからないぶん、クリーニングやメンテナンスに大きな比重がかけられます。

なお、メンテナンスというのは歯垢や歯石がたまらないようにするプラークコントロールのことで、正しい歯みがきのやり方の指導も含まれます。
つまり、メンテナンスは歯科医だけが行うのではなく、おうちでも毎日しっかり行う必要があるわけです。

むしろ、虫歯や歯周病は歯垢や歯石がたまることから始まりますので、日々の歯みがきを含むメンテナンスこそ、予防歯科の重要なポイントと言えるでしょう。

しっかりとプラークコントロールすれば、虫歯や歯周病を恐れて好きなものを我慢する必要はありません。
ぜひ1度、歯科医へご相談ください。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年11月13日

一般的に、歯医者に行くのはどんなタイミングでしょうか?

ほとんどの人は「歯が痛くなってから」と答えるかもしれません。

歯科医には、虫歯治療のために行くわけです。

しかし、虫歯の治療は幹部を削って埋めることを行うため、治療しても元には戻りません。ただ、それ以上進行しなくなるだけです。

その上、保険内治療では目立つ金属製の詰め物を使うので、お口を大きく開けて笑ったりできなくなる人もいます。

そこでおすすめなのが、「なんともないときに、歯科医へ行く」ということです。

そうすれば、自覚症状もない極めて初期の虫歯を治療できます。虫歯で削っても、ごく初期の虫歯の場合は削る量がわずかなため、歯の再石灰で治癒することが知られているのです。

また、歯垢や歯石などを除去して、お口の中をきれいにしてもらいますし、正しい歯みがきの方法を指導してもらえます。その結果、虫歯や歯周病になるリスクが大きく下がることでしょう。

この来院を定期的に行うことで、「虫歯にならない」という状態を維持できるのです。

これこそが、予防歯科の真髄です。
ぜひご検討ください。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年11月 6日

入れ歯が初めての人は、お口が入れ歯に慣れるまで痛みや違和感が出てきます。

この症状はほとんどの人が感じるもので、実際のところは慣れるしかありません。

食べ物をゆっくりと噛んで衝撃を和らげたり、入れ歯安定剤を使ったりするなどすれば、痛みは和らぎます。

もし、2週間程度経っても痛みがひかない場合や痛みがひどくなっていく場合は、すぐに歯科医へ相談してください。

もしかしたら、入れ歯がお口に合っていないかもしれません。特に、部分入れ歯の場合は、合わない入れ歯を我慢して使っていると、かみ合わせが悪くなったりお口の中を傷つけてしまったりすることもあります。

入れ歯を作ってくれた歯科医であれば、患者様のレントゲンなどの情報もお持ちですから、それほど時間をかけることなく調整してもらえることでしょう。

また、入れ歯を洗浄せずに使い続けていると、入れ歯やその周囲に細菌が蓄積して、虫歯や歯周病の原因になります。

そのため、長時間装着したままによる痛みは、入れ歯ではなくお口の病気のせいかもしれません。

入れ歯は毎日必ず洗浄するようにしましょう。そうすることで、入れ歯自身の寿命も延ばすことができるのです。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

« 2019年10月 | メイン | 2019年12月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/