«  2019年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年10月30日

虫歯の治療は、虫歯菌に侵された患部を削って虫歯菌を除去することで行います。

そして、削った歯は基本的に元に戻りません。

ごく初期の虫歯の場合は歯の再石灰化によって元に戻ることもありますが、定期検診でもしていなければ、そんな初期の段階で治療することは稀でしょう。

歯を削ったまま放置しておくと、そこに食べかすか溜まってしまい、細菌が繁殖する温床になってしまいます。また、かみ合わせのズレが発生したり、噛む力が偏ってしまって歯が欠けてしまったりすることもあるのです。

そのため、虫歯治療の仕上げとして、削った箇所に詰め物をして元の形状に戻します。

この時の詰め物の中でも、ある程度の大きさ以上の治療箇所に詰め物を行う場合は、きちんと型取りして隙間なく外れないようにしなければいけません。

そういった詰め物のことをインレーと呼びます。

インレーを作るにはいくつかの素材があり、強度や見た目の美しさ、着色のしやすさなどの特性があるのです。

ただし、保険内での治療の場合は使用する素材に制限があり、多くの場合「銀歯」と言われる金属製のインレーを詰めることになるでしょう。

樹脂製のほうが目立たなく好まれる人も多いですが、保険内での治療で使える樹脂では強度や着色、外れやすさなどの観点からおすすめできないことが少なくありません。

もちろん、保険外の治療であれば、セラミックなど強度も見た目も良く、着色もし難い優れた素材を使ったインレーを作ることが可能です。

歯科医から説明があるかと思いますので、しっかり検討してください。

詰め物を行う場合、歯科医から説明があるかと

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年10月23日

審美歯科と聞いて、どんなイメージが浮かんでくるでしょうか?

高額、美容整形の一貫、健康な歯を抜く、などでしょうか?

確かに審美歯科は、一般的な歯科治療と違って健康な歯に処置をすることが多くあります。

でも、審美歯科を必要としている人は少なくないのです。

それは美を追究しているセレブではありません。
セレブな人たちは、もちろん審美歯科の患者様の大きな割合を占めるかもしれませんが、どうしても必要ではないでしょう。

審美歯科治療は、事故や歯周病などで歯を失った人や、歯を損傷した人、歯並びに異常がある人には、必須とも言える治療なのです。

事故などで歯を失ってしまった人にはインプラント治療が有効ですし、歯が欠けてしまった場合はラミネートベニアやクラウンなどで治療します。

審美歯科治療の目的は、ただ美しくするということだけではなく、患者様の生活の質を向上し、心身ともに健康で幸せになっていただくことなのです。

そのため、虫歯治療などを行ったあとに審美歯科治療を提案することもあります。
もちろん、きちんと説明して納得いただくようにしていますが、無用な偏見なく検討いただければと思います。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2019年10月16日

審美歯科の歯科医も虫歯の治療は行います。

むしろ、口元を美しくするにあたって、まずは虫歯や歯周病を治してから審美歯科治療を始めることがほとんどです。

審美歯科治療は、患者様のお口の機能を回復させることをベースにして、美しさを加える治療と言えるでしょう。

審美歯科の求める「美しさ」は、「白い歯」と「美しい歯並び」が主なポイントです。

「白い歯」と言えばホワイトニングですが、ホワイトニングを行う前には、まずクリーニングをして歯にこびりついた歯垢や歯石をきれいに取り除かなければいけません。

「歯並び」を整える方法は矯正が有名ですが、歯科矯正は時間がかかる治療ですので、被せものをして歯の凸凹を矯正する方法を採ることもあります。

被せものは歯を覆ってしまうことになりますので、虫歯があってはいけません。そのため、まずは虫歯を治療しなければいけないわけです。

こんなふうに、審美歯科治療では一般的な歯科治療を行ったうえで審美歯科治療を行う二段構えで治療が進むのです。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年10月 9日

子供の虫歯で治療を受けるにあたって、小児歯科を選んで治療していますでしょうか?

もしかしたら、「近所の一般歯科で済ませている」という人も少なくないかもしれません。

もちろん悪くはないですが、小児歯科で治療したほうがお子様の将来にとってより良い結果になるかもしれません。

なぜなら、小児歯科は、お子様の状態とその後の成長に合わせた、未来を見据えた治療を行うからです。

一般歯科でも適切な治療を行います。しかし、そのお子様が5年後、10年後にどう成長するのかを見据えて治療方針を決めているかというと、その点は小児歯科に軍配が上がることでしょう。

また、子供の間に実施することで効果の高い歯磨き指導やシーラント治療(歯の凸凹をなくして虫歯を防ぐ治療)、フッ素塗布などは、小児歯科で行うことが多い治療です。

もし、子供の歯医者選びを検討しているのであれば、小児歯科を標榜している歯科医を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年10月 2日

最近は、矯正歯科治療を行う人が増えてきましたが、それでもまだまだ多くはありません。

矯正歯科治療は、審美的な問題を解決するだけではなく、かみ合わせを良くすることで食事を楽にします。また、体全体のバランスを整えること肩こりやひざの痛みもなくしてしまうこともありますし、歯みがき時のみがき残しが減って虫歯予防にも効果的です。

これだけ良いこと尽くしの矯正ですが、その治療期間の長さのために躊躇する人が多いのではないでしょうか。

歯科矯正治療は、一般的に数年単位で治療する必要があり、その治療期間の大半を歯に矯正器具を付けて過ごす必要があります。

この矯正器具の見た目があまり良くないこともあり、長期間それを装着し続けることに抵抗が生まれるのです。

また、矯正治療中の食事への影響も、それが長期間であるがゆえに患者様の負担になることでしょう。

ただし、ここで挙げた2つのマイナスポイントは、現在ほぼ改善されています。

矯正器具の審美的な点については、歯の裏側に設置するものや透明で目立たないものなどが開発されています。食事制限については、マウスピースを使った矯正治療を選択すれば、食事中に外すことができますので、クリアできるでしょう。

歯科治療は日々進歩していますので、長い治療期間という部分を考慮するだけになっているわけです。

数年かかるといっても、その後の長い人生に比べればそれほど長い期間ではありません。

歯並びやかみ合わせに悩んでいる人は、歯科医へ相談することをおすすめします。


当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

« 2019年9月 | メイン | 2019年11月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/