«  2019年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年9月25日

入れ歯が、ガタガタ動いてしまう場合や、フィット感が無いと感じる時は、「入れ歯安定剤」を使う場合があります。

しかし、「入れ歯安定剤」は、安易に利用しすぎると、かえって健康を損なう場合があるので、注意が必要です。

入れ歯安定剤には、クリームタイプや粉末タイプなど、色々なタイプの製品があります。
入れ歯安定剤は、使用後に口腔内や入れ歯に、こびりついてしまうケースも多く、口腔内が不衛生になりがちです。

無理して除去しようとして、粘膜を傷つけてしまう恐れもるので、注意が必要です。

また、合わないからといって、安易に利用し続けると、均等に力が加わらなくなり、顎の骨が痩せてしまうなど、入れ歯を安定的に使えなくなることがあります。

入れ歯が合わない場合には、基本的に、歯科医院で調整するのが先決です。
入れ歯は、徐々に使いながら合わせていくものですので、いきなり合わないのは当然です。
入れ歯安定剤をつけると、急にフィット感が増すなどするため、安易に頼りがちです。

基本は、まず入れ歯の調整をすることです。
安定剤を利用する場合には、歯科医師の管理下のもと、適切に利用するようにしましょう。

当院では、入れ歯治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年9月18日

今日は、歯周病治療の内容について解説します。
歯周病の治療では、「歯科医院での治療」と「自宅でのケア」の両方が大切になります。

歯周病は、歯周病菌の存在に加えて、毎日の生活習慣や環境によって発症するものです。ですから、歯科医院でいくら歯周病菌のコントロールや歯ぐきの治療を行っていても、毎日の自宅でのケアができていなければ意味がありません。

「歯科医院での治療」と「自宅でのケア」には、次のような項目があげられます。

<歯科医院での治療>
・歯石の除去(縁上歯石・縁下歯石)
数回に分けて、歯石を除去します。特に歯ぐきの中(歯周ポケットの中)に沈着する縁下歯石は、見えない部分に強固に沈着しているため、除去するのに時間がかかります。

・歯周ポケット内の洗浄
定期的に歯周ポケット内の洗浄を行います。

・歯周外科治療
歯石除去・歯周ポケット内の洗浄・自宅での毎日のケアを続けていても、なかなか効果が現れない場合には、歯周外科治療を行う事もあります。

・ブラッシング指導
いくら自宅でのケアを丁寧にしているつもりでも、実際にきちんと汚れが除去できていなくては意味がありません。
自宅でのケア十分なものにするためには、ブラッシング指導を受けて、ご自身に合った正しいケア方法を習得する事が大切です。

<自宅でのケア>
・毎日のブラッシング
毎日行うブラッシングが基本となります。
きちんと汚れが取れていなくては意味がありません。

歯科医院でブラッシング指導をきちんと受け、自分に合った方法で行う事が大切です。
歯と歯の間の清掃には、デンタルフロスや歯間ブラシを利用しましょう。

当院では、歯周病治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年9月11日

ホワイトニング歯磨き粉を使うと、本当に歯が白くなるのでしょうか?

一口に「ホワイトニング歯磨き粉」と言っても、その成分は様々で、多くの製品は、歯自体を白くする効果はありません。

日本で販売しているホワイトニング製品のほとんどが、歯の表面の汚れを落とし、歯を本来の白さに戻すものです。

歯自体の色が白くなるわけではありません。
歯の表面に着色汚れが付着しており、それによって歯が黄ばんでいる場合には、歯が白くなったように実感する事ができるでしょう。

ホワイトニング治療で使われている、歯自体を白くする成分は「過酸化水素」「過酸化尿素」です。
日本では薬事法により、これらが配合されている歯磨き粉を販売することができません。

ただし、「過酸化水素」や「過酸化尿素」が配合された歯磨き粉も、個人輸入することができるので、インターネットで手に入れる事ができますが、自己責任となるので、十分に注意が必要です。

できれば、歯科医院で取り扱っているものを、指示のもとで利用していただく事をおすすめします。

当院では、審美歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年9月 4日

普段食事をする時にテレビを見ながら食事をするという方は多いのではないでしょうか?
通常テレビを見ながら食事をする時は、家族と一緒だとテレビを前にすることは少なく、テレビのある方向へ右を向いたり左を向いたりすることが多いのではないでしょうか?

実はテレビを見ながら食事をしている時、私たちは無意識に片側だけで物を噛む片噛みになってしまっています。

例えばテレビの位置が右側にある場合は右側のあごだけで物を噛んでいます。

いつも同じ場所でテレビを見ながら食事をすることにより、知らず知らずのうちに片噛みグセがつき、片方のあごの筋肉だけが発達して、あごのバランスが崩れあごが歪み始めます。

そのため、出来るだけ食事の際はテレビを見ながら食べるのは控え家族との会話を楽しんだりして食べるようにしましょう。

食事の他にもカバンをいつも片側にかけている、足組をする、横たわってテレビを見るなどもあごがずれる原因となりますので。気を付けましょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.genma-shika.com/

« 2019年8月 | メイン | 2019年10月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/