«  2018年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年7月25日

インプラントは、歯を失った場合に、顎の骨に人工の歯根を埋め込んで、機能を回復する治療方法です。
インプラントを入れると、人工の歯だからもう病気になる心配は無いと、思われる事がありますが、それは間違いです。

インプラントを入れた後は「インプラント周囲炎」に注意する必要があります。

インプラント周囲炎とは、簡単に言うと、インプラントが歯周病にかかった状態です。
インプラント周囲に溜まった歯周病菌によって、インプラント周囲に炎症が起こり、進行すると、周囲の顎の骨を溶かしていってしまいます。ひどい場合には、インプラントが抜け落ちてしまう事もあります。

天然の歯と同じように、きちんと歯みがき等でケアをして、周囲の汚れを取り除く事が必要です。
特に、インプラントと周囲の歯ぐきの境目を中心に、丁寧に歯みがきをするようにしましょう。

セルフケアだけでは、どうしてもみがき残しが出来てしまいます。インプラント治療後は、定期的に歯科医院でメンテナンスを受ける事が大切です。
どのくらいのペースでメンテナンスに来た方が良いのか、しっかりと確認し、定期的にインプラントの状態のチェックと、クリーニングを受けるようにしましょう。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年7月18日

虫歯は、子どもから成人まで、罹患する事の多い病気ですが、特に子どもに発生しやすい事で知られています。
子どもは、乳歯から永久歯への交換があります。
個人差がありますが、親知らずを除く永久歯は、およそ12歳から13歳頃までに生え揃ってきます。

子どもに虫歯が多い理由の1つには「乳歯は虫歯になりやすいこと」があげられます。
乳歯の虫歯には、次のような特徴があります。
・ 進行しやすい
乳歯は、エナメル質や象牙質が薄く、神経のある組織「歯髄腔」の割合が大きくなっています。虫歯を放置するとあっという間に、歯の神経にまで到達してしまいます。

・ 痛みが現れにくい
子どもは、まだ痛みの感覚が成長段階です。
子どもが痛みを訴えても、翌日には痛みが無くなっているなど、痛みの感覚が曖昧で、周りの大人も気がついてあげられない事があります。
虫歯の進行が確認しづらく、気がついた時には、大きな穴があいてしまっている事があります。

・ 黒色では無く白色〜茶色の事が多い
虫歯というと黒いイメージが強いですが、乳歯の虫歯は、白色〜茶色の事が多いです。
急速に虫歯が進行するので、このような色になります。
仕上げみがきの際に、虫歯チェックを行う習慣をつけましょう。

乳歯が抜けた後は、永久歯との生え変わりのため、乳歯と永久歯が混在した歯並びの時期があります。みがき残しを作りやすいため、この時期も虫歯になりやすくなります。
また、生え立ての永久歯は、まだ表面が未成熟なため、虫歯になりやすくなります。
生涯に渡って、歯を長く健康に使っていくためには、子どものうちから虫歯を作らないようにする事が大切です。
毎日の歯みがき、仕上げみがきはもちろん、小さな頃から定期検診を受ける習慣を、つけておくのが良いでしょう。

当院では、小児歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年7月11日

審美的に美しい歯の被せもの、それが「オールセラミッククラウン」です。

オールセラミッククラウンは、被せものの中でも、特に審美性が優れており、天然歯のような色合いと透明感を再現する事ができる被せものです。
笑った時などに歯が見えても、人工の歯だと気がつかれないほどです。

材料の全てはセラミック(陶器)で作られており、金属を一切使用していません。
そのため、金属アレルギーの方でも、安心してご使用いただけます。経年劣化による、金属イオンの流失も無いので、金属によって歯ぐきが黒くなる状態を防ぐ事ができます。

オールセラミックのメリットは、見た目だけではありません。機能的にもとても優れていいます。

陶器でできたオールセラミッククラウンは、表面にプラークなどの汚れがつきにくいという特徴があります。
また、保険のクラウンと比較して、精密に型取りをして作られるので、段差ができにくく、汚れが溜まりにくくなります。
虫歯や歯周病のリスクを減らし、長期に渡って歯を守る事ができます。

経年による変色や劣化も少ないのも魅力です。
きちんと定期検診を受け、メンテナンスを受ければ、長期間、審美性と機能性を保つ事ができます。

当院では、審美歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2018年7月 4日

入れ歯をお使いの方は、毎日のお手入れ、きちんとできていますか?

入れ歯も、歯と同じように、毎日お手入れする事が大切です。
そうする事で、入れ歯を長持ちさせる事ができ、自分の歯が残っている場合には、歯の寿命を延ばす事につながります。

入れ歯のお手入れ方法のポイントをまとめたいと思います。

1. ブラシで擦り洗い
入れ歯のお手入れの基本は「擦り洗い」です。入れ歯の表面には、細菌がこびりついています。
細菌同士が集まると"ぬめり"のようになるので、ブラシで擦り洗いをする必要があります。
入れ歯は、人工歯の部分だけでなく、ピンク色の"床"部分もしっかりと擦りましょう。
部分入れ歯の場合は、金属のバネ周囲に汚れが溜まりやすいので、特に丁寧に擦りましょう。

2. お湯を使わない
入れ歯は、高温のお湯で変形する事があります。入れ歯を洗う際には、水で洗いましょう。
入れ歯を落として破損してしまう事がないように、水を張った洗面器の上で洗うのがおすすめです。

3. 歯みがき粉を使わない
歯みがき粉の中には、入れ歯を傷つけてしまう恐れがある研磨成分が含まれているものがあります。
入れ歯の場合には、歯みがき粉をつける必要はありませんので、そのまま流水下で洗うのが良いです。

4. 入れ歯洗浄剤は補助的に使う
入れ歯を浸けておくなどして、入れ歯を洗浄するための入れ歯洗浄剤が市販されています。確かに洗浄できる成分は含まれていますが、入れ歯にこびりついいた細菌汚れは、これだけでは除去できません。
基本は擦り洗いです。入れ歯洗浄剤はあくまで補助的なものとして考えましょう。使わなくてもかまいません。

当院では、入れ歯治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

« 2018年6月 | メイン | 2018年8月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/