«  2018年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2018年2月28日

子供の頃に学校の歯科検診でフッ素治療を受けた記憶のある方も多いのではないでしょうか?
何ともいわせない不思議な味を覚えているかも知れませんね。
しかし大人になると、フッ素を使った治療を受ける機会はほとんどなくなってしまいますね。でも実はフッ素を使った治療は、虫歯予防にとても高い効果を発揮することができるのです。

フッ素を歯に塗ることで、歯を強くすることができます。
歯の質が強くなった歯は、虫歯ができにくい歯になります。
ブラッシングではなかなかすべてのプラークを取り除くことはできません。
デンタルケアのプロである歯科医師や歯科衛生士であったとしても、すべてのプラークを取り除くことは無理です。

つまりプラークをできるだけ除去する以外にも、虫歯予防のケアが必要となるという訳なのです。
そこでフッ素を利用した治療が必要になってくるのです。
歯自体を強くすることで、プラークがあったとしても、虫歯にならない歯にすることができるのです。

フッ素の効果は永久的なものではありません。そのために定期的にフッ素を塗る必要があります。
定期検診とともにフッ素を塗ることをおすすめいたします。当院のスタッフにお気軽にお声をおかけください。
http://www.genma-shika.com/

2018年2月21日

お口のクリーニングを歯科医院などでしていると、"歯石を除去しますね"と言われることがあると思います。
歯石とはどのようなものなのでしょうか?歯石とプラークの違いについて詳しくお話ししたいと思います。

プラークは簡単に言うと、食べ物のカスのことです。
お口の中に白い粘っこいものを見つけることがあると思いますが、それがプラークです。プラークはまだ柔らかく、簡単に除去することが出来ます。

歯石はプラークがもうひと段階進んだものです。
プラークは時間が経つとだんだんと石灰化して硬くなっていきます。個人差があるものの2,3日で石灰化が始まると言われています。
歯石は石のように硬くなるために、歯石と呼ばれています。
歯石は歯にこびりついて固まってしまっているために、簡単には取り除くことが出来ません。
歯科医院でプロがクリーニングをする必要があります。

歯石は虫歯の原因になるだけではなく、口臭、歯周病などの原因にもなってしまいます。お口を健康に保つためには、歯石の除去は必須です。

げんま歯科クリニックは6か月に1度のプロによるクリーニングを推奨しています。
前回のクリーニングから時間がたっている方は、できるだけ早くげんま歯科クリニックにお立ち寄りください。
http://www.genma-shika.com/

2018年2月14日

虫歯の予防といえば、どうしてもブラッシングが一番に思い浮かぶのではないでしょうか?
もちろん毎日自宅で行うデンタルケアであるブラッシングはとても大事な虫歯予防の一つです。でもブラッシング以外にもできることはたくさんあります。
特に自分で上手にブラッシングできない子供に効果的なのが、シーラント治療です。

シーラント治療とは、虫歯のできやすい奥歯の溝をプラスチックで埋めるという治療法です。
こうすることででこぼこが減り、ブラッシングがしやすくなります。
さらに食べ物が溝にたまることも軽減してくれます。
お口の中に食べかすがあると細菌が増殖しやすくなり、むし歯につながってしまいます。それを未然に防ぐことができるのがシーラント治療です。

虫歯になりやすい乳歯の時期にシーラント治療を行うことで、大人になっても健康な歯を保つ助けになります。
治療には痛みがありませんので、安心して小さなお子さんでも治療を受けることができます。
早めの治療を行うことでより効果的な虫歯予防を行うことができます。
まずはシーラント治療についてもっとよく知るためにも、親子でげんま歯科クリニックまでお越し下さい。
http://www.genma-shika.com/

2018年2月 7日

最近、フッ素入りの歯磨き粉をよく見かけるようになりましたね。
フッ素が虫歯予防に効果があるとは知っていても、どうしてなのか?は知らないという方も多いと思います。
虫歯予防にフッ素を積極的に取り入れるためにも、フッ素の効果を調べてみましょう。

①酸の産生を抑制
虫歯はプラークがお口の中で酸を作ることでできてしまいます。フッ素はプラークが酸を作りにくくしてくれます。

②再石灰化を進める
カルシウム・リンなどの物質を再石灰化しやすくすることで、虫歯を予防します。

③歯を強くする
虫歯は歯の表面から始まるものです。その歯の表面を強く丈夫にしてくれることで、プラークが作る酸が歯を溶かすのを防ぎつつ、酸が溶かしてしまった部分を修復してくれます。
特に子供の場合は、大人に比べると歯が柔らかい状態で酸が歯を溶かしてしまいやすいためフッ素を利用した虫歯予防は効果があります。

フッ素には虫歯を予防する効果が確かにあります。
上手にホームケアに取り入れていきたいものです。
また歯科医院で行われるフッ素治療も積極的に利用していきましょう。

もっと詳しく知りたい方はげんま歯科クリニックまでご来院ください。
http://www.genma-shika.com/

« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/