«  2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« すべての人が親知らずを持っているわけではない! | メイン | 研磨剤に注意して歯ブラシ粉を選びましょう »

2017年9月20日

親知らず=抜歯すると考えている方がとても多いです。
もちろん親知らずが生えてきたとしても、抜歯することになるケースが多いのは事実です。
でもよく考えてみると親知らずとはいえ、健康な歯を抜くのは良くないのでは?と思われる方もいると思います。どうして親知らずは抜歯されるのでしょうか?

・生え方が悪い
親知らずの多くは生え方が悪いのです。まっすぐに生えてこずに、角度をつけて生えてくるのです。たとえば横向きに生えてきてしまうと、隣接する歯を押すようになります。
結果、痛みを生じさせます。また歯並びのゆがみの原因になります。
さらに隣接する歯に引っかかって、歯茎からでてくることが出来ない親知らずもあります。

・ブラッシングが難しい
例えまっすぐ生えてきた親知らずでも、どうしても一番奥にある歯であるためにブラッシングが上手にできません。結果として、虫歯・歯周病になりやすいのです。

上記の2つの理由からもわかるように、すでにあるほかの歯への影響が大きいために親知らずは抜歯されるケースが多いのです。

親知らずで気になることがあるという方は、できるだけ早くげんま歯科クリニックまでお越しください。
http://www.genma-shika.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.genma-shika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/681

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/