«  2017年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年7月26日

虫歯が風邪のように伝染するということについて聞いたことがあるかも知れません。
これは本当なのでしょうか?

答えは本当です。実は虫歯も風邪と同じように伝染する症状なのです。

というのも、生まれたばかりの子供のお口の中には虫歯菌はありません。でもどうして子供が虫歯になってしまうのでしょうか?
それは虫歯菌を持った人とのスキンシップによって、感染してしまうからなのです。

例えば、赤ちゃんにキスをする、箸・スプーン・歯ブラシなどの共有、食べ物・飲み物の口移し、熱い食べ物を冷ますために息を吹きかけるなどをすると、虫歯菌が移ってしまうのです。

勿論このようなことは一般的に行われているために、避けるのが難しいように感じられることでしょう。でも子供が3歳になるまではできるだけこれらのことを避けることが望ましいとされています。

ただ子供とのスキンシップはとても大事なので、お口の健康とのバランスを考えて保護者がどれほどのスキンシップをするかを決定していく必要があります。
ただ虫歯は感染する病気であることを覚えておいてください。

げんま歯科クリニックでは患者様のお口の疑問・不安などにお答えしております。お気軽にご利用ください。
http://www.genma-shika.com/

2017年7月19日

時代とともにブラッシングの仕方も変化しつつあります。
最近のトレンドとなっているのが、電動歯ブラシですね。デパート・電化製品店などに行くと、電動歯ブラシがおすすめの商品として売り出されています。

みんな使っているから、今までのハブラシよりも電動歯ブラシの方がいいのかも?!と感じる方も多くいます。当院でも電動歯ブラシについての質問をよく受けるようになりました。ですが実際には電動歯ブラシの方が効果的にブラッシングを行えるのでしょうか?

結論から言えば、今までの歯ブラシも電動歯ブラシも同じです。どちらも正しく使ってこそ、効果を感じることが出来るのです。

ただ電動歯ブラシのメリットとしては、どの歯でも上手にブラシが歯の表面をとらえることが出来るという点です。振動などでプラークを取り除くものも発売されており、上手に使いこなせば手短にきれいにブラッシングをすることが出来るのも事実です。

ですが従来の歯ブラシが電動歯ブラシに比べて劣るということもありません。どちらもしっかり磨くことで、プラーク除去をすることが出来ます。
ハブラシの使い方についてお知りになりたい!という方はげんま歯科クリニックのスタッフにお声をおかけください。
http://www.genma-shika.com/

2017年7月12日

どんなハブラシを使ったらいいか分からない方のために、げんま歯科のスタッフがおすすめするハブラシの特徴について説明しています。今回は2つ目のポイントについて調べていきます。

2つ目のポイントはできるだけ極細のハブラシを選択してください。最近、極細のハブラシが効果的であることが宣伝などで言われていますが、本当だろうか?と思っている方も少なくないと思います。

極細毛のハブラシがおすすめの理由として、プラークをより良く取り除くことが出来るからです。プラークは虫歯や歯周病の原因となり、できるだけしっかりとプラークは取り除きたいものです

ブラシが極細毛であるために、小さなすき間にも入りこむことができプラークをしっかり除去できるのです。普通のブラシの大きさでは入れないところの汚れもかき出すことが出来ます。

極細毛はとてもデリケートにできていることがほとんどです。力を入れすぎてしまうと、ブラシが開いてしまい、新しいものとすぐに交換しなければならなくなります。できるだけ柔らかく手首を使ってゆっくりとブラシを動かすのがコツです。

正しいブラッシングの仕方など気になることは、げんま歯科クリニックのスタッフまでお尋ねください。
http://www.genma-shika.com/

2017年7月 5日

誰でも一日に一度は使っているのがハブラシではないでしょうか?
お口を清潔に保つためには、ブラッシングはとても大事ですね。そんなブラッシングをするための必須アイテムがハブラシです。
でも一言に歯ブラシと言ってもたくさんありすぎて、どれがいいのかわからない!というご相談をたくさん受けます。ここで知っておきたい歯ブラシ選びのコツをご紹介します。

1つ目のコツは、できるだけヘッドの小さなものを選ぶことです。

歯を観察すると、歯が平らではなく凸凹しており、隙間もあることを気が付くのではないでしょうか?また歯はアーチ型に並んでおり、ブラッシングは簡単ではありません。
特に細かなところなどは上手に歯ブラシを当たられていない可能性があります。

そこでおすすめなのが、小回りのきくヘッドの小さなハブラシです。
ヘッドが小さければ細かなスペースにもハブラシが入りこむことが出来ます。
プラークの磨き残しが多い所にまでしっかりとブラッシングをするためには、ヘッドの小さなものが必須です。
ヘッドが小さいぶん、ブラッシングに時間がかかってしまうかもしれませんが、お口の健康のためにしっかりとブラッシングしましょう。
http://www.genma-shika.com/

« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/