«  2017年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年3月29日

普段、口をゆすぐ時、何気なくしている"ぶくぶくうがい"ですが、実は"ぶくぶくうがい"をすると、良い事がたくさんある事をご存知ですか?

まず、"ぶくぶくうがい"をする事で、お口の中の細かな食べカス汚れを除去する事ができます。歯に付着したプラーク(細菌)は、歯ブラシでしっかりと擦らなくては除去する事はできませんが、お口の中にある食べカス等の汚れは、ぶくぶくうがいで除去する事ができます。すぐに歯ブラシができない場合でも、手軽に行う事ができます。

また、"ぶくぶくうがい"は、お口の筋肉を使う複雑な運動です。唇や頬の筋肉をしっかりと使い、むせないように咽頭をふさいで行います。この運動は、お口の機能を保つためにとても重要です。
「いつまでも食べる機能を健康に保つ為のトレーニング」として、高齢者によく実践されます。
この"ぶくぶくうがい"、実は小さな子どもにもとても有効です。近年、お口の周りの筋肉の力が弱くなっている子どもが増えています。

お口の周りの筋肉が弱いと、"お口がぽかん"と開いたままになり、口呼吸の癖がついてしまう事があります。口が開いたままになると、「歯並びが悪くなる」「虫歯や歯周病になりやすくなる」など、お口の健康に対し悪い影響があります。

小さな頃から、しっかりと"ぶくぶくうがい"を行う事は、生涯に渡って、歯を健康に保つための、第一歩としてとても大切です。3歳くらいから徐々に"ぶくぶくうがい"ができるようになりますので、"ぶくぶくうがい"を練習し、できるようになったら、毎日の歯磨きの時に必ず実践してみて欲しいと思います。

当院では、小児歯科を行っております。お子様の歯の事で、ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/0515child-dentistry/

2017年3月22日

歯周病は、成人の8割が罹患しているといわれる病気です。しかし、多くの人は、自分が歯周病にかかっている事に気がついていません。初期の段階の歯周病は、痛みなどの自覚症状が少なく自分で気付きにくい事が理由にあげられます。

では、歯周病はどのように進行していくのでしょうか。初期の歯肉炎の段階から順を追って説明していきたいと思います。

<歯周病の進行>
(1) 歯肉炎
炎症が歯ぐきに限局しているものです。歯ぐきが赤く腫れ、歯ブラシなどで触れると出血するなどの症状がみられます。痛みなどの症状はまだ見られません。
歯槽骨(歯を支える顎の骨)は、まだ影響を受けていないため、この段階で進行を予防すれば、元の健康な歯ぐきに戻りやすくなります。

(2) 初期歯周炎
炎症が歯ぐきだけでなく、歯槽骨にまで広がった状態です。歯ぐきの腫れや出血が見られます。歯槽骨は、徐々に溶かされ始めます。歯槽骨が溶かされると、歯を歯ぐきの間の"歯周ポケット"は深くなります。歯周ポケット内は、歯周病菌が繁殖しやすいので、歯周病が進行しやすくなります。できる限り早く、歯周病が進行しないよう予防をする事が大切です。ただ、この時点でもほとんど痛みがありません。

(3) 中期歯周炎
歯槽骨が半分程度、溶かされた状態です。歯ぐきの腫れや出血は増え、歯ぐきがムズムズとした感じや、歯が浮いたように感じる事があります。硬いものを噛む時に痛みが出る事がありますが、何もしない時では、痛みを感じない事もあり、歯周病が進行している事に気がつかない人も居ます。

(4) 重度歯周炎
歯槽骨の大半が溶かされてしまった状態です。歯ぐきの出血、腫れは大きくなり、膿が出るようになります。歯に触れると、グラグラと動くようになり、痛みが出るようになります。また、口臭も強くなります。
歯が抜け落ちてしまう手前で、ここまで進行すると、残念ながら、歯を残せない事もあります。

このように、自覚症状が大きく出る頃には、歯周病が進行してしまっている事が多いのです。できるだけ初期の段階で気付き、治療を開始する事が、歯を守る秘訣です。

当院では、歯周病の治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/0525periodontitis/

2017年3月15日

歯をホワイトインングする方法として、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があります。それぞれの方法について説明していきたいと思います。

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニング方法です。歯にホワイトニングの薬剤を塗布し、特殊なライトを当てる事で、歯を白くします。短時間で効果が表れやすいのがメリットです。
ただし、歯は、本来の色に戻ろうとする力がありますので、"後戻り"といって、色が元の歯の色に徐々に戻ります。後戻りしにくくするためには、何回か施術を行い、白い色を定着させる必要があります。

ホームホワイトニングとは、自宅で、自分で行う事ができるホワイトニング方法です。まず、歯科医院で、自分専用のマウストレーを作製し、ホワイトニング剤を処方します。その後、自宅に持ち帰り、専用のトレーにホワイトニング剤を注入し、1日数時間、歯に装着します。
場所と時間を選ばず、気軽に行う事ができます。オフィスホワイトニングで使用する薬剤よりも、低濃度の薬剤を使うので、一回の効果は低くなりますが、安心して行う事ができます。低濃度の薬剤でじっくり白くするのは、効果が現れにくいというデメリットはありますが、後戻りしにくいというメリットもあります。

ホワイトニングには、このようにオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。自分に合ったいずれかの方法で行う事も可能ですし、両方を組み合わせて、より効果的に行う事もできます。

ホワイトニング効果は、個人差があります。効果をあまり期待できないケースもありますので、是非ご相談ください。

当院では、ホワイトニング治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/0520whitening/

2017年3月 8日

「顎関節症」という言葉を聞いた事がある方も多いのでは無いでしょうか。

顎関節症は、若い女性に増えていると言われています。口を開けづらくなったり、口を開けようとすると顎が痛むなどの症状があります。

顎関節症は、噛み合わせの悪さや、ストレスなど、様々な要因が重なって発症すると言われています。

「顎関節症になりやすい人」には、次のような特徴があるので、紹介したいと思います。

・ 歯ぎしりや食いしばりの癖がある人
知らず知らずのうちに、いつの間にか歯ぎしりや食いしばりをしている事があります。歯ぎしりや食いしばりは、通常食事をする時の何倍もの強い力で、上下の歯を噛み合わせます。歯ぎしりや食いしばりの癖が続くと、顎の骨に大きな負担がかかる事があります。

・ 噛み合わせの悪い人
元々、歯並びが悪く噛み合わせが悪い人に加え、歯が抜けたまま放置していたり、治療途中のまま放置している場合も、噛み合わせを悪くする事があるので、注意が必要です。噛み合わせが悪いと、顎に強い負荷がかかっている場合があります。

・ 精神的ストレスの多い人
精神的ストレスが多いと、筋肉が硬くなりやすく、顎の周囲の筋肉にも影響を及ぼす可能性があります。食いしばりの原因にもなります。

・ 顎に負担のかかる悪い癖がある人
うつ伏せで寝る癖や、頬杖をつく癖がある人、顎と肩の間に携帯電話等をはさむ癖がある人は、顎に負担がかかっている可能性があります。

・ 噛み癖がある人
左右どちらかの歯でばかり噛んでいる人は、どちらかの顎にばかり強い負担がかかっている可能性があります。

いかがでしたでしょうか。当てはまる項目がありましたか?意識をする事で、治せる癖もありますので、今日からでも顎関節症予防に、悪い癖を見直してみましょう。

当院では、噛み合わせの治療等を行っております。顎関節でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2017年3月 1日

当院でも、治療で抜歯をする事あります。
当院では、できるだけ歯を抜く事無く、患者様自身の歯を長く健康に保つ事ができるよう、お手伝いをしていきたいと考えています。しかし、他の健康な歯に悪影響があるなど、どうしてもやむを得ない場合には、抜歯という治療を選択する事もあります。

抜歯をした際には、必ず守っていただきたい注意事項があります。
抜歯後に痛みや腫れが出ないようにするため、治癒不良を起こさないために、とても重要になります。
代表的なものを紹介したいと思います。

・ 飲酒、入浴、激しい運動を控える
これらは、血液の流れを良くするため、腫れや痛みを引き起こす可能性があるので、止めるようにしましょう。入浴はシャワー程度にするのが良いでしょう。

・ ぶくぶくうがいをしない
抜歯をした後の穴には、血餅(けっぺい)というかさぶたのようなものが出来ます。この血餅ができる事で、抜いた後の穴はスムーズに治っていきます。ぶくぶくうがいをたくさんすると、血餅が出来にくくなったり、取れやすくなったりします。ぶくぶくうがいは極力控えるようにしましょう。

・ 抜いた部位をさわらない
抜いた後は、しばらくは違和感があるかもしれませんが、さわらないようにしましょう。抜歯した後の穴に、細菌が感染すると、大きな痛みや腫れを引き起こす事があります。

・ 処方された薬は、用法通りに飲む
痛み止めや抗生物質が処方されます。必ず用法通りに飲むようにしましょう。

当院では、抜歯など一般歯科診療も行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/0510general/

« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/