«  2016年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年11月30日

歯に痛みを感じる症状のひとつに"知覚過敏"があります。

"知覚過敏"は、虫歯は無いのに、歯がしみて痛い...というような症状です。冷たいものや温かいものを食べた時、酸味の強いものを食べた時、歯磨きをした時などに、一時的に、歯が「キーン」としみます。痛みの程度は、人により異なります。

知覚過敏の原因は、歯の表面のエナメル質が何らかしらの原因で傷つき、その下の象牙質が露出してしまう事で起こります。象牙質は、象牙細管があり歯の神経に刺激を伝えやすくなっています。その刺激が痛みとなって知覚過敏を引き起こすのです。

エナメル質が削れてしまう原因は様々です。間違った歯磨き方法、歯ぎしりや悪い噛み合わせなどです。また、ホワイトニングや歯石除去などの治療後に、細かい傷から刺激が伝わり、一時的に知覚過敏を引き起こす事があります。

知覚過敏も、自然に治まってくるようでしたら心配入りませんが、長く続くような場合は、受診を"しみ止め"の薬を塗布したり、表面の歯科用レジンで覆うなどの治療が必要な場合があります。
毎日の歯磨き方法を、今一度見直してみる事も大切です。

当院では、知覚過敏の治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/0510general/


2016年11月23日

お子様のいらっしゃる方は、毎日仕上げ磨きをしていますか?
特に小さなお子様は、自分ではまだ自分の歯をきれいに磨く事ができません。口の中は、想像以上に狭く複雑な形にできています。大人でも磨き残しをする位ですから、小さな子どもでは磨けなくて当然です。

子どもの歯を虫歯から守るためには、仕上げ磨きが必要不可欠です。

では、いったいいつまで仕上げ磨きをする必要があるのでしょうか。

一般的には、"小学校4年生くらいまで"と言われています。乳幼児期を過ぎると、仕上げ磨きをしなくなるご家庭も時々見受けられますが、なるべく仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。
"歯磨き"は、とても難しく、大人でも磨き残しをしてしまうものです。子どもの場合、磨き残しをしてしまいやすいのは当然です。特に子どもは、歯がまだ未熟で虫歯になりやすい上、永久歯への交換が始まると、歯がデコボコの状態になり汚れが溜まりやすいので、注意が必要です。

そして、できれば"小学校卒業"まで、保護者がチェックをしてあげるのが良いでしょう。だいたい12歳頃まで、永久歯の生え変わりが行われるので、虫歯を作りやすい時期になります。子どもが10歳も近くなってくると、"仕上げ磨き"そのものを嫌がる事もあるでしょうが、磨きにくい所だけ保護者がチェック磨きをしたり、歯間ブラシだけ保護者が行うなどするのがオススメです。

当院では、小児歯科を行っております。お子様の歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/0515child-dentistry/


2016年11月16日


歯を失ってしまった場合、両隣の歯が使える状態であれば、両隣の歯を支えにした"ブリッジ"という橋渡しをさせた金属の被せものを入れる事ができます。

失った歯の部分の機能を回復する事ができ、歯にしっかりと固定されるので、自分の歯のように使用する事ができる方法です。

ブリッジは、保険内で診療する事が出来る安価な方法であり、使い勝手も良い治療方法です。しかし、その形状から、汚れが溜まりやすく、支えにしている両隣の歯への負担が大きいなどのデメリットがあります。ブリッジ装着後は、適切なケアが必要です。以下の事に注意をするようにしましょう。

1. 歯間ブラシを使う
ブリッジを装着した場合は、日々の手入れを丁寧に行い、きちんと汚れを除去する事が必要です。特に実際には、歯が無い部分(ダミーの歯)の周辺には汚れが溜まりやすいので、歯ブラシでの清掃に加えて、歯間ブラシを使用するのが良いでしょう。

2. 定期検診を受ける
ブリッジを入れていると、支えにしている歯に負担がかかりやすくなります。よりブリッジを長持ちさせるために、また、トラブルに早めに気がつくよう、定期検診を受けるようにしましょう。
定期検診と合わせて、クリーニングを受けていただく事で、普段のケアでは難しい部分の汚れまで除去する事ができます。

当院では、ブリッジ治療・虫歯治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/0510general/


2016年11月 9日

親知らずがある場合、親知らずに痛みが起きないか、不安に感じている方も多いのでは無いでしょうか。

親知らずは、痛みが起きやすい歯です。親知らずは、斜めに生えてきてしまう場合や、半分歯ぐきに埋まっている場合があります。そのため、周囲に細菌が溜まりやすくなってしまい、"智歯周囲炎"を起こしてしまう事があります。

"智歯周囲炎"は、親知らずの痛みの原因で最も多い症状です。その他、親知らずが虫歯になっている場合や、親知らずが手前の歯を強く押している場合に、痛みが出る事があります。

智歯周囲炎の場合、身体の免疫力が低下している時に炎症が起こりやすくなります。風邪をひいている時、疲れが溜まっている時、寝不足、栄養不足など、免疫力が低下している時は、身体の抵抗力に対して細菌の力が勝ってしまい、痛みや腫れを起こしやすくなります。

女性の場合には、月経前後や出産前後、更年期は、ホルモンバランスの関係から、歯ぐきにトラブルを起こしやすくなります。智歯周囲炎の場合も同様で、炎症を起こしやすくなります。ですから、親知らずがある女性は、出産前後などに突然の痛みが、襲って来る事の無いように、出産を予定している場合には、あらかじめ受診をしておくのが良いでしょう。

親知らずがある場合には、生えている状態によっては、痛みや腫れのリスクがある場合があります。親知らずがある場合には、是非一度受診をしてみてください。

当院では、親知らずの治療を行っております。親知らずの事で、ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/


2016年11月 2日

突然の歯ぐきの痛み。原因がわからないと不安ですよね。
痛みがあるという事は、歯ぐき周囲に何らかしらの問題があるという事ですので、早めに受診をして欲しいと思います。

しかし、即座に受診をできない状況の事もあるでしょう。今日は歯ぐきの痛みの不安に対して、考えられる原因をいくつか紹介したいと思います。

<歯ぐきの痛みの原因>
1. 歯周病
歯ぐきの痛みの中で最も多いものは、歯周病によるものです。痛みが出る場合には、歯周病が中程度〜重度にまで進行してしまっている可能性があります。早期の治療が必要になります。
歯周病は、体調の変化によって、炎症の程度が左右される事があります。普段は痛みが無い状態でも、風邪をひいている時や疲れている時、睡眠不足の時などに、痛みが出やすい場合があります。

2. 根尖病巣
歯の根の先に膿が溜まった状態です。虫歯が神経にまで進行してしまい、炎症が根の先にまで広がってしまった場合や、歯の根の治療が不十分だった場合に起こります。

3. 口内炎
歯ぐきに口内炎ができて、痛みを感じる事があります。一般的なアフタ性口内炎であれば、数日で自然に治ります。専用の軟膏を塗布する事で、治りが早くなる事もあります。

4. 智歯周囲炎
親知らずの周囲に起こる歯ぐきの炎症です。親知らずは、斜めに生えている事や、半分歯ぐきに埋まっている事があります。そのため、周囲に細菌が溜まりやすく、歯ぐきに炎症が起きやすくなります。


5. 歯ぐきにできた傷
歯ぐきはデリケートなので、強い刺激で傷ができてしまう事があります。強い力で歯磨きをしすぎると、傷を作りやすいので、注意が必要です。
この傷に、お口の中の細菌が感染すると、口内炎にようになって、痛みが強くなる事があります。

歯ぐきの痛みには、様々な原因が考えられます。自己判断で、放置してしまうのは危険です。痛みがでた場合には、なるべく早めに受診をするようにしましょう。

当院では、歯周病治療を行っております。歯周病治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/0525periodontitis/

« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/