«  2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 大量に歯磨剤を使うと歯が悪くなる?3 | メイン | 大量に歯磨剤を使うと歯が悪くなる?5 »

2016年3月16日

歯を守る一番の対策は歯磨きです。歯磨きしかない、といっても過言ではありません。
歯磨きの目的はプラークを取り去ることですので、歯磨きの最初は歯間ブラシを使って歯と歯の間のプラークを取ります。糸ようじを使うのもよいでしょう。

歯と歯の狭い隙間に残っている細菌を掻き出さなければ始まりません。人間の歯は一様ではありません。形もそれぞれ微妙に違いますし、生え方もそれぞれです。
歯の隙間の広い人も狭い人もいますが、普通のブラシではなかなか隙間までは届きません。隙間を丁寧に磨いたところで、今度は普通の歯ブラシで磨きます。

その際、歯磨剤をつけない空ブラシがいいでしょう。そのほうが、泡が出ないのでゆっくり丁寧に磨くことができます。空ブラシで磨いているうちに、抗菌剤が入った唾液が出てきます。これで磨くのがいいでしょう。

歯ブラシの使い方ですが、歯ブラシを歯茎と歯の間の溝に当てて、軽く振動を与えます。けっして毛先を横に移動させないことです。歯肉は歯より出っ張っており、ブラシが隙間に入らないので、斜め45度にブラシを当てて小刻みに動かすことで細菌を落とすことができます。

歯はエナメル質と歯肉、骨で守られていますので、ここを横磨きすると、歯肉が下がってしまいます。これによって、今まで歯肉が守っていたところが外に出てしまい、防御が甘くなり守れなくなります。そこに虫歯菌がつくと、その弱い部分から虫歯になります

当院の紹介はこちら
http://www.genma-shika.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.genma-shika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/587

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/