«  2015年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年6月24日

生まれたばかりの乳児には虫歯の原因となる菌がほとんど見られないことから、大人が口移しで食べ物を与えたりする際に、食べ物と一緒に子供の口の中に入るのではないかと考えられています。大人から子供へ、虫歯菌が伝染したということです。


細菌は目に見えませんので、どこからでもどんな方法でも口の中に入る可能性があります。そして、自分に適した環境になるととたんに増殖を開始します。


虫歯の原因が細菌だと世界で初めて発表したのは、ペンシルバニア大学のミラーという研究者です。1890年のことでした。しかし、当時は虫歯の原因菌を特定できておらず、口腔の感染が全身疾患を引き起こす主な原因であるという細菌学説の考え方を発表したのみです。


その後多くの研究者によって虫歯が起こるメカニズムが研究されてきましたが、なかなか虫歯菌の真犯人が見つからず、乳酸桿菌(かんきん)という細菌が犯人ではないか、いや他の細菌が原因だと様々な説が出ました。

http://www.genma-shika.com/

2015年6月17日

最近は本当に虫歯の子供が減ってきています。
20年前は800人検査すると半分以上は虫歯でしたが、ここ何年かは100人にせいぜい2、3人と激減しました。お母さんが子供達に歯磨きを励行しているおかげでしょう。
21世紀を担う日本人は、デンタルIQが上がってきているようです。


ところで、どうして虫歯になるのでしょうか。

簡単に言えば、虫歯を引き起こす細菌が増殖して大量の酸を出すために、歯のエナメル質や象牙質が溶け出して歯を壊していきます。虫歯の正式な病名が、「う歯」(カリエス)と呼ばれるのは、この症状のためです。


このように、虫歯というのは細菌による感染症なのです。
歯を赤い染色剤で染めてみると、大半の人が真っ赤に染まります。とりわけ歯と歯の隙間と歯と歯茎の境目は赤い色が強く出ます。これは食べかすが染まっているわけではありません。


この赤い染料は、細菌がいるかどうかを検査する薬品です。この赤く染まった部分こそ、虫歯の原因となる細菌が生息していることを示しています。


人間の口の中には、300種とも500種ともいわれる細菌がいます。
赤ちゃんは産道を通って産まれますが、その際母親が体内に保有している細菌を受けついできます。胎児の時代に、胎盤を通して母親からもらうものもあります。それらの細菌はいい働きをするものも、悪さをする細菌も混在しており、常在菌として体内に留まりその人が死ぬまで生き続けます。

http://www.genma-shika.com/

2015年6月10日

歯の移植手術について簡単に触れておきます。
現在の歯の移植手術は、ご自身の歯を使用しますので、生体の拒否反応や感染症のリスクはほとんど無いといっていいでしょう。

ただし処置や手術は、インプラントを植立するよりも複雑です。
また、ご自分の歯を同じお口の中から別の場所に移植(移動)するわけですから、歯や根っこの大きさがある程度一致している歯でないと移植はできません。
人間の口の中には親不知を含めて32本の歯があります。そしてそれらの歯はすべて形や長さが違うのです。
つまり、抜けてしまった歯と同じ形の歯は、同じお口の中には存在しないのです。
さらに、それぞれに歯はそれぞれ重要な役割を担っているため、無駄な歯というものはありません。


このようなことを考えると、本来、移植の対象となるような歯はお口の中にはないということになります。
しかし、現代人の顎(の骨)は小さくなってきているため、親不知(正確には第三大臼歯といいいます)を不要な歯として抜歯するケースが増えてきました。顎の骨が小さくなって32本の歯が収まりきれなくなってきたのです。


そこで、この親不知を移植対象歯(ドナー)として利用しようと考えたのが歯の移植です。
親不知は奥歯ですから、基本的に前歯への歯の移植はあり得ないことになります。
また、親不知は最も奥まった場所に生えている歯ですから、虫歯や歯周病に冒される危険性も高いのです。将来に起こりうる移植の可能性を想定して、親不知を残し、さらに虫歯や歯周病に罹らないように常にチェックしていなくてはなりません。


http://www.genma-shika.com/

2015年6月 3日

入れ歯を外して就寝するように指導していたことが、阪神・淡路大震災のときは裏目に出て、入れ歯を持たずに避難した方が多かったようです。


配給される非常食は乾パンなど硬いものも多く、入れ歯を忘れた方はとても苦労したと聞いています。
それを教訓に、現在は1日の内にどこかで2~3時間の粘膜休息時間、つまり入れ歯を外す時間があれば、就寝時は装着したままでもかまわないという指導内容に変わってきています。
ただし、寝る前や起床時には入れ歯の清掃と残存歯の歯磨きを怠らないように注意してください。

入れ歯に着いた細菌(デンチャープラーク)が間違って肺に侵入して肺炎を起こすという事態が近年増えています。


でも、いくら入れ歯を装着したままで就寝してかまわないといわれても、合っていない入れ歯であれば苦痛以外の何ものでもありません。
やはりピッタリとした入れ歯を手に入れていないと、突然の災害で避難した場合にも入れ歯安定剤がなければ機能しないということであれば意味がないです。

http://www.genma-shika.com/0535dentures/

« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/