«  2015年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年1月30日

根管治療はまず神経が歯髄まで通っていた根っこのトンネル状の穴(根管)の内面を専用の器具で削り取りながら清掃・拡大します。

これを根管拡大といいます。このとき神経の取り残しなどがあると後々痛みに苦しめられることになります。根が1本の前歯と、根が1~4本ある奥歯とでは処置時間が異なります。

特に数根ある奥歯で、その根がさらに湾曲していたり、髪の毛のように細い根管だと小一時間、あるいはそれ以上の処置時間がかかってしまいます。

このように根管治療はとても慎重な手技を要求される神業的な処置なのです。
その割に保険診療内での評価が異常に低いので、まじめな歯科医にとってはジレンマに陥る治療と言っていいでしょう。とにかく丁寧に処置をしてくれる先生は良い先生ということです。

この処置は根管内を目で見て確認できないので、根管が適切に清掃されて拡大されているかをX線写真で確認します。現在はマイクロスコープ(内視鏡)を使用したり、根管拡大後にレーザーで除去したいものだけを蒸散(瞬間的に焼きとってしまうこと)したりする方法もあります。

根管を拡大する理由は、その後の根管充填剤(清掃した根管に詰める薬)を入りやすくするだけでなく、根管内や根の先端部までを無菌化する必要があるからです。

http://www.genma-shika.com/

2015年1月24日

虫歯治療の後の再石灰化に向けて、特に子供の場合はフッ素塗布を施してもらうと回復が早いでしょう。ただし、フッ素には安全とされる濃度がありますので、必ず歯科医師の指導の下に使用するようにしましょう。
フッ素入り歯磨きはそれらの基準を守っていますので安全に使用できます。

ここで誤解していただきたくないのは、先述したように虫歯の自然治癒(再石灰化)能力には個人差があるということです。虫歯の進行度によっては虫歯の部分を削った方が効果的なケースもありますので、一概に初期の虫歯は削らないのが良いとは限りません。

不幸にも虫歯予防がうまくいかず、虫歯が進行して歯髄(歯の根っこを通ってきた神経線維や毛細血管が集まっている歯の内部の部屋)まで達すると、ズキンズキンと脈打つような激痛が走ります。

これは虫歯によって歯髄が炎症を起こし、神経を圧迫しているからです。
こうなるともう神経は救えないので、麻酔をうった上で神経を抜き取る処置(専門用語で抜髄(ばつずい)と言います)を行うことになります。

神経を抜き取ったら、一般的にはそのまま歯の根っこの治療に移ります。
歯の根っこの治療は、専門的には根管治療とか歯内療法と呼ばれ、虫歯などで神経をとった歯をその後も一人前に機能させるための重要な治療です。

http://www.genma-shika.com/

2015年1月14日

虫歯になるとその歯は元に戻らないと考えられていましたが、虫歯が初期(C0,C1)
であれば、適切なプラークコントロールと予防処置を施すことで再石灰化という現象を惹起し、自然治癒に匹敵する結果が得られることがわかってきました。

しかし、虫歯をそのまま放置していても、進行するばかりで自然治癒など見込めません。
あくまでも早期発見・早期の手当が必要となります。虫歯の進行は虫歯菌が酸を放出して、その酸が歯の表面のエナメル質を溶かすことから始まります。

この症状が初期の場合は、虫歯菌の働きを抑えることで、唾液のもつ緩衝能が働き、唾液中のリンやカルシウムを歯の表面に再度取り込む再石灰化が促進され、
それらの脱灰(酸によって溶かされた歯の表面部分)は修復されるのです。

ただ、これらの修復機能には唾液の性質が大きく関与しています。
唾液の性質には個人差があり、それが強く働く人とそうでない人もいるからです。

これらのことから、最近は初期の虫歯で歯の象牙質を深刻に侵していなければ、
経過を観察して虫歯の進行を抑えながら再石灰化を待つケースも増えています。
再石灰化のための歯磨き指導や食事指導、留意すべき生活習慣などをアドバイスしてくれる歯科医は良心的といえます。

http://www.genma-shika.com/

2015年1月 7日

小さな虫歯の治療方法をみても、現在の歯科医療は従来型の歯科医療と比べておおきく変わってきています。そして歯科医院自体もあくまでも患者さんの立場に立った歯科医療の提供というスタンスが備わってきました。

虫歯の発生は細菌感染といわれています。人が生まれた時は無菌状態なのですから、
これらの虫歯菌がどこから感染するのかというのが問題になってきますが、現在この感染経路のほとんどは母子感染とされています。

1歳前後で離乳食に変わる頃に母親から感染しているケースが多いのです。
これらの時期にどれだけ虫歯菌が感染しているかで、その後の虫歯発生率に大きく関与していると考えられています。

つまりこれらの感染経路を断ってしまえば虫歯になる確率は低くなることは確かなのです。
実際に米国では、母親あるいは両親のお口の中(口腔内)を徹底的に衛生管理することで、子供の虫歯発生率が軽減しています。しかし、そうはいっても環境によってどこから虫歯菌が感染するかは分かりません。

特に小学校の低学年(7歳くらい)までは、親が責任を持って歯磨き(プラークコントロール)を補助してあげる必要があります。
厳しいようですが、子供の虫歯は親の責任です。虫歯にならない方法は、予防管理を徹底する以外にないのです。

http://www.genma-shika.com/

2015年1月 1日

従来型歯科医療の基本的な概念であった「悪い歯は削って被せる」という考え方は改められ、現在はできるだけ削らずに口腔内に存在する組織を守っていこうという考え方が主流なのです。

ミニマルインターベンションの流れから生まれてきたのが、虫歯の組織だけを特定して溶かし出してしまう薬剤の開発や、歯科用のハードレーザーの登場です。
ハードレーザーは黒い部分だけを対象にして瞬間的な高熱で焼き切ってしまう「蒸散」という特性があるので、着色した虫歯の部分だけを特定して除去することができます。

またこのとき、レーザーによって焼き取られた(蒸散された)表面は、一層が溶けたようなメルティング層を形成するため、その部分の歯質の強化にもつながり二次的な虫歯にもなりにくいのです。

もちろん痛みもないので無麻酔で処置ができるというメリットもあります。
このように歯科の治療技術はめまぐるしく進化しています。歯科医院で最も毛嫌いされるあの「キーン」というタービンの音も、近い将来はなくなるかも知れません。

しかし、現在の歯科用ハードレーザーはまだまだ高価な機械なので、日常の歯科治療に応用している歯科医は先進的な考えをもった先生方だけというのも現実です。
どちらにしても究極のミニマル・インターベンション治療には「予防」の概念が不可欠であることは念頭においてもらえればと思います。

http://www.genma-shika.com/

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/