2014年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年9月26日

患者様からのご質問で、よくこのようなご質問を受けることがありますが、前歯でも保険で治療することは出来ます。

例えば、前歯を虫歯やケガなどで大きく削ってしまった場合、保険診療ですと、金属で土台を作り、その上に"硬質レジン前装冠"という、中身が金属で、表側が白いプラスチックで出来ているものや、"硬質レジンジャケット冠"という、中身も表面も白いプラスチックで出来ているものをかぶせたりします。

"硬質レジン前装冠"の方は、中身が金属で出来ていますので強度も高く、また材料の進歩によって色調がかなりキレイに表現できるようになったため、ある程度の審美性も実現できるようになりましたので、一般的には保険治療でも充分なのではと思いますし、実際に当院で前歯の保険治療を受けた患者様も、仕上がりには非常に満足頂いております。


ですが、この、保険で使われる"硬質レジンは"、最初のうちは自然な白さに見えますが、プラスティックの一種であるため、ほんのわずかに吸水性があり、これが長期的には変色の原因となり、次第に黄ばんでくるという難点があります。

また、金属で土台を作ることにより、金属が溶けだして歯茎が変色したり、飛び散った金属の細かい粒子が歯茎に沈着したりする事もありますので、もしも、これらの難点がどうしても気になるという方には、セラミック製の前歯をおススメしております。

セラミックは、長期的に見ても変色がなく、耐摩耗性についても硬質レジンより優れているのが特徴です。

また、土台もセラミックで作る場合には、金属を使わずに済みますので金属アレルギーのリスクを回避することが出来ますし、金属を使わないことにより、歯茎の黒ずみもなく、審美的にも優れています。

ただ、この方法の難点は、健康保険の適用外となるため、自己負担額が大きくなってしまうことです。


どちらの方法が良いか、一度しっかりと歯科医師と相談し、ご希望やご予算も考慮したうえで、ご自身に合った治療法を提案して貰うのが良いのではないかと思います。

当院の審美歯科メニューはこちら
http://www.genma-shika.com/0520whitening/

2014年9月18日

歯科の診療内容で、ホワイトニングやクリーニングを行っているクリニックが増えていますよね。

満足のいく結果を得るためにも、治療を行う前に、この二つの診療内容の違いをしっかりと知ることが大切になってきます。


歯のホワイトニングとは、加齢や遺伝によって黄ばんでしまった歯や、 タバコやコーヒー、紅茶などで、歯に色素が沈着して黄ばみんでしまった歯を "内部から" 漂白して白くしていく方法で、保険が効かない治療です。

ホワイトニングには主に歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、 歯科医師の指導のもと、患者様がご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類あります。


●オフィスホワイトニングとは・・・
簡単にご説明すると、専用の薬剤を塗った後、レーザーや光を当てて漂白します。
短時間で歯を白くできるので即効性はありますが、効果の持続期間が若干短いという特徴があります。

●ホームホワイトニングとは・・・
個人の歯形に合わせたマウスピースに、ホワイトニングジェルを流し込んだものを装着して歯を白くしていく方法です。
歯の白さを実感するには2週間以上の時間を要しますが、時間がかかる分、オフィスホワイトニングより白さが増し、持続期間も長いという特徴があります。


費用はその歯科医院によって異なりますが、全ての歯を行うと3万円~10万円程度かかるのが一般的ですので、事前のカウンセリングで納得いくまで相談する事をおススメします。


これに対し、歯のクリーニングとは、
歯の表面にこびりついた汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を専用の機械で除去することを言います。 "表面の汚れ" がきれいに取り除けるので、元来の歯の色に戻すことが出来ます。
(色素が沈着してしまっている場合はクリーニングのみでは難しいです。)

ホワイトニングをするにしても、まずこの治療をしてから白くすることになります。

歯石を取り除くだけなら、健康保険が適用され、それほど費用もかかりませんので、大掛かりな治療になる前に、こまめな手入れをすることが白い歯を保つためには大切です。

信頼できる歯科医師を見つけてこれらの治療を行うと良いですね。

当院のホワイトニングはこちら
http://www.genma-shika.com/05reason/0520whitening/post_39.html

2014年9月12日

歯並びや噛み合わせが悪く、矯正治療を考えているけれども、矯正治療中の食事が心配という方も多いかと思います。

矯正治療中だからと言って、食べてはいけないものはありません。

ただ、食べ方に"コツ"があるので、今回は、歯科矯正治療中にも食事を楽しむためのポイントについてお話ししたいと思います。


キャラメルや餅などのねばねばした食べ物は、器具にくっつきやすく、くついたあとに器具が外れてしまうこともありますので、食べ方には注意が必要です。小さくして、なるべく歯につかないように、奥歯で噛むようにすると上手に食べれます。


おせんべいや、氷、フランスパン等の堅い食べ物も、噛んだ時の衝撃で、器具が外れてしまう事があります。この場合もやはり、小さくしたり、薄くしたりして、歯への衝撃を和らげる工夫をして食べるようにすると良いでしょう。


ほうれん草などの繊維の多いものや麺類、肉類は、装置にひっかかったり、はさまったりしやすいです。食後には必ず鏡でチェックし、歯磨き、うがいで装置をお手入れしましょう。

※歯ブラシは細かいところも磨きやすい、ヘッドの小さめなものを使うと磨きやすいです。
 お子様の矯正中は磨き残しがないよう、大人の方がケアしてあげましょう。


カレーやキムチ、赤ワインやコーヒーなど、色が移りやすいものは、装置を止めているゴムや矯正装置と接している歯の部分に色素が染み込む可能性があります。治療日の前日に食べるようにすると、たとえカレーの色が移って黄色になっても、翌日すぐに取り替えてもらえるので、そんなに気にならないかと思います。

※治療日前日は普段食べにくい食事を取るチャンスですので、しっかり計画を立てましょう!


当院では、日本矯正歯科学会指導医の資格を持つ実績豊富な先生が治療を行っています。
矯正治療について不安をお持ちの方でも、まずはお気軽にご相談ください。

当院の矯正歯科治療はこちら
http://www.genma-shika.com/0540orthodontics/


南鳩ヶ谷駅から徒歩0分
げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/

2014年9月 5日

みなさん普段よくコーヒーを飲まれますか?

一般的には、コーヒーを飲むと歯の着色汚れが気になるし、
とても歯に良いとは思えないと思われている方も多いかもしれません。


しかし、そんな中
歯を健康に保つ効果のある天然物質をずっと探してきたという
ブラジル・リオデジャネイロ連邦大学の研究チームから

「あるコーヒー豆には抗菌作用があり、
 適量ならブラックコーヒーを飲むことで虫歯を防ぐことができる」

という研究結果が発表されました。


ちょっと難しい話になりますが

 子供の抜けた乳歯を使って"細菌バイオフィルム"を培養し、
 それを乳歯ごと、世界市場において3割を占める
 "ロブスタコーヒーノキ"から抽出したコーヒーに浸けて経過を見たところ
 コーヒーが、細菌バイオフィルムを活発に分解し始めた!

との事。

まだまだ更なる研究が必要ですが
この、コーヒーに含まれる抗酸化物質ポリフェノールが
細菌バイオフィルムを分解したのではないか?
と考えられています。


とはいえ、ミルクや砂糖を入れてしまうと
逆に虫歯リスクを高めてしまいますので、ブラックで。

また、コーヒーの飲み過ぎは
歯の黄ばみや、歯のエナメル質を溶かしてしまう原因になってしまいますので
あくまで適量を。


そして、コーヒーで前歯が黄ばんできちゃった・・・!
という方は、歯医者さんでクリーニングして貰って下さい!

げんま歯科クリニックのクリーニングはこちら
http://www.genma-shika.com/0530prevention/


南鳩ヶ谷駅から徒歩0分
げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/

メイン | 2014年10月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/