«  2021年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年9月15日

どんな親御様も、お子様には虫歯になって欲しくないと考えていることと思います。
そのためにいろいろな努力をされていることでしょう。
そんな親御様に向けて、お子様が虫歯になりにくくするポイントをお伝えします。

1.虫歯菌の感染を防ぐ
虫歯は感染症なんです。
生まれたばかりのお子様の口には、虫歯菌はいませんので、お子様の口に虫歯菌が住み着かないようにするのが、虫歯を防ぐ大きなポイントでしょう。

虫歯菌の感染経路のほとんどはご両親からお子様です。
ですから、口移しで食事を与えない、同じ食器を使わない、などを徹底して感染リスクを下げましょう。
また、ご両親のお口のメンテナンスをしっかりと行うことも、感染リスクを下げることにつながります。

2.砂糖の摂取量をコントロールする
残念ながら虫歯菌が感染せずに済む人はほんのひと握りです。
そのため、虫歯菌の餌となる砂糖の摂取を少なくすることが、虫歯の発症を抑えるのに重要なことになります。
お子様は甘いものが大好きですので、どうしても砂糖の摂取量が多くなります。
これを少なく抑えれば、それだけ虫歯の発症リスクが下がるわけです。
もちろん、お子様だけに我慢させてご両親がお菓子を食べていても長続きしませんので、親子で我慢するようにしましょう。

また、食事をしたあとの仕上げ磨きを丁寧にすることも大事です。
お口の中に砂糖が残らないようにすれば、お菓子を食べても虫歯菌の餌になりません。

3.歯を強くする
フッ素を塗布することで、虫歯になりにくい歯にすることができます。
また、ごく軽い虫歯なら自然に治癒するようにもなりますので、ぜひ行いましょう。
家庭用の歯磨き粉にも含まれていますが、まずは歯科医で行えば歯科検診も兼ねて虫歯リスクは大きく低減することでしょう。

当院では、一般歯科治療の他、小児歯科や予防歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年9月 8日

上の前歯の左右にある犬歯が外に飛び出して生えている「八重歯」は、「かわいい」と表現されることがあります。

その理由は諸説ありますが、日本独特のものであることが分かっており、日本独特の美意識が絡んでいると言われています。

そんな「八重歯」ですが、歯科医から言わせると、矯正治療すべき不正咬合の1つなんです。

八重歯は、本来生える方向ではない方向に歯が生えて他の歯と重なってしまっている状態ですので、歯と歯の隙間に食べかすや歯垢が残りやすい状態になります。
そのため、虫歯や歯周病になりやすい状態になってしまうのです。
また、転ぶなどした時に歯が頬の内側に刺さってケガをしやすくするなどのリスクもあるでしょう。
そういった理由で、歯科矯正の対象となっているわけです。

といっても、日本人からすれば、八重歯はチャームポイントとなる特徴の1つではありますので、無理に矯正することもありません。
ただし、その場合はきちんとした歯みがきや定期的な歯科検診などで、虫歯や歯周病を予防するようにしてください。

当院では、一般歯科治療の他、矯正歯科治療も行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年9月 1日

痛い虫歯を治してほしいのに、歯医者で痛い思いをするのは嫌だ。
そんなふうに思っている人はいないでしょうか?

一昔前と違って、いまでは多くの歯科医でできる限り痛みを小さくする改善が重ねられているんです。

その1つが、麻酔です。

歯科治療は嫌ではないけれど、歯科医の麻酔だけは我慢できないという人は少なくありません。

歯科治療の麻酔は、歯ぐきに麻酔薬を注射して行います。
敏感なお口の中に注射針を刺すのですから、考えただけでも痛いかもしれません。
でも、いまではそんな麻酔も次のような工夫で痛みが小さくなっているんです

・麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布して、針が刺さる痛みを緩和する
・注射針をできる限り細くして、刺さるときの痛みを和らげる
・麻酔薬の温度を体温程度にして、刺激を抑える
・麻酔薬の注入速度をゆっくりとして、痛まないようにする
・何度か回数を分けて、麻酔を効かせながら患部に麻酔薬を注入する

これらのことを行うことで、患者様の中には麻酔を行ったことに気が付かない方もいらっしゃいます。

治療の痛みに不安がある人は、ぜひ1度歯科医へ相談してみてください。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年8月25日

虫歯が痛くなって歯医者さんへ駆け込んだとき、歯科医が思わぬ場所の歯を治療し始めた、という経験のある人はいないでしょうか?

また、痛いところ以外にも虫歯を見つけられ、治療を勧められた、という人も少なくないと思います。

じつは「歯の痛み」というのは、思った以上にその場所の特定が難しいんです。

前歯であればある程度分かるかもしれませんが、奥歯の場合は上下の歯を勘違いしてしまうことすらあります。

虫歯の痛みというのは、三叉神経という1つの神経が枝分かれした部分で感じています。
そのため、発生した痛みはまとまって脳へ伝えられることになり、細かな位置関係までうまく伝わらないんです。

口の中に食物をためて咀嚼することや、表情によってコミュニケーションをとるといったことは、生命の歴史の中では比較的新しい機能です。
そのため、それほど進化が進んでいないということかもしれません。

歯科医はもちろん患者様のお話を参考に虫歯を探しますが、目視や触診、レントゲンなどを駆使して虫歯を探します。
そのため、じつは他にも虫歯があった、ということも起こるわけです。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療や小児歯科治療などを行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年8月18日

正しい歯みがきを行うことができれば、虫歯や歯周病を予防することができます。

そのため、歯ブラシの毛をあてる角度や動かし方、歯みがきの時間などに気を使っている人は多いでしょう。

ただじつは、歯みがきには他にもう1点気を付けていただきたいことがあるんです。

それは「歯のゆすぎ方」です。

歯みがきをしっかりと行うというのは、歯に付いた歯垢をきれいに落とすことです。
そのため、歯ブラシの角度や動かし方などが重要なポイントになるわけです。

いまの歯みがき剤には、軽度の虫歯の治癒を促進し、虫歯を防ぐフッ素が含まれていることが多いです。
歯垢を除去するという物理的なホウホウと、フッ素という物質を使った化学的は方法を使ってダブルで虫歯を防ぎます。

この方法はとても効果的で、小さなお子様の仕上げみがきの後のフッ素塗布が推奨されているくらいです。

しかし、歯みがきの後に何度も口をゆすいでしまうと、せっかく歯に付着したフッ素が流れてしまうんです。
これでは、せっかくの虫歯予防の効果が半減してしまうでしょう。

ですので、「歯みがきの後は1度だけゆすいで終わり」くらいのほうが良いことがあります。

正しい歯みがきをして、虫歯を予防していきましょう。

当院では、一般歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年8月11日

歯を美しく整えて生活の質を向上させるのが、審美歯科です。
そんな審美歯科治療を受診しようと考えていても、最後の一歩を踏み出せないという人は少なくありません。

自由診療で金額的に高価だということもありますが、やはり自分のコンプレックスをさらけ出す恥ずかしさが先に立つ人が多いようです。
人間ですので恥ずかしさはもちろんありますし、それが長年悩んできてご高齢になっている方なら余計に「今更」という思いもあるでしょう。

でも、ぜひ思い立ったらその時に歯科医へご相談ください。

審美歯科治療にはもちろんですが年齢制限などありません。(お子様は別です)
20代から70代、80代まで、どんな患者様でもお悩みに適した治療があるんです。

歯科医やそのスタッフは数多くの治療をこなしていますので、患者様が悩んでいるようなこと以上に酷い症例を多く経験しています。
ですから、決して恥ずかしがらないでください。
むしろ、非同省例であればあるほど歯科医は「患者様の人生を良くしたい」とやる気が出るものなんです。

これは、審美歯科治療がただ見た目を良くするだけの治療ではないということが関係しているでしょう。
歯周病や虫歯などを治した上で、患者様の望み通りの美しいお口を取り戻す。
審美歯科の歯科医は、そんな使命を胸に帯びて治療にあたっています。
なにかありましたら、ぜひ相談してみてください。

当院では、一般歯科治療の他、審美歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年8月 4日

お子様の虫歯は本当に心配です。
もし虫歯になったら、泣いてもわめいても力ずくで歯医者さんに行って治療したいというのは、親御さんの多くが感じていることでしょう。

もちろん、一刻も早く治療する方が良いのは確かです。

でも、親に怒られて泣きながら歯科医に来るお子様は、どうしても歯科医が嫌いになってしまいます。
視界が嫌いになってしまうと、次に虫歯になってもギリギリまで我慢して歯科医に連れていかれないようになってしまいます。
それに、泣きわめいて治療を中断せざるを得ない状態になることもあるでしょう。

だから、もしお子様を歯科医へお連れするときは、「脅さず」「叱らず」「無理やりでなく」ご来院するようにしていただきたいと思っています。

もしお子様が歯科医を好きになれば(好きでなくてもなんとも思わない状態なら)、お子様はお口に違和感があればすぐに歯科医を受診するかもしれません。
もしかしたら、虫歯でなくても歯科医に通って、予防歯科が実現するかもしれません。

このように、小児歯科治療のポイントは、まず「通いたくないと思わせない」ことが重要なんです。
ご協力、よろしくお願いいたします。

当院では、一般歯科治療の他、小児歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年7月28日

歯周病というのは、歯と歯茎の隙間に侵入した細菌が増殖して毒素を吐き出し、歯茎に炎症が炎症を起こす病気です。
放置しておくと細菌はどんどん深く侵入していき、歯を支える顎の骨まで溶かしてしまいます。

もちろん、身体はそんな細菌に対抗して免疫細胞たちが出動して戦います(炎症もその反応の1つです)。
その激しい戦いの結果、細菌や免疫細胞たちが数多く死にます。
それが膿です。
ですから、歯周病は膿が溜まりやすい病気と言えるわけです。
じつはその膿は、生ごみのような強烈な臭いを持っていて、これが重度の歯周病患者様の口臭がきつい原因の1つになっています。

重度の歯周病患者様の多くは患部の奥に膿を溜めており、それが漏れ出ることできつい口臭が発生してしまうわけですね。

歯周病は、なってしまうと自然には治らない病気です。
定期的な検診などで予防するとともに、少しでも違和感があれば歯科医に相談するようにしましょう。

当院では、一般歯科治療の他、審美歯科治療や根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年7月21日

矯正器具を使って歯並びを整える歯科矯正治療は、治療が終わるまでに2年から3年という時間のかかる治療です。
その分お金もかかりますし、治療方法によっては食事などで制限がかかることも少なくありません。

それでも矯正歯科治療には、それらのデメリットを払しょくするようなメリットがあるんです。

・お口が美しく
審美的な部分が、歯科矯正治療の一番大きなメリットでしょう。
そのため、「美しさ」を求めて審美歯科治療を受ける人が数多くいます。

 歯を白くする
 歯並びをきれいにする
 歯の隙間を目立たなくする
 歯の形を良くする
 歯の詰め物を目立たなくする

これらの処置をすることで、患者様はお口を開けて笑うことができるようになるんです。

・虫歯予防
審美歯科治療で歯並びを整え歯の凸凹を失くすことができれば、歯みがきでのみがき残しが減ります。
そもそも、歯がきれいに並んでいますので磨きやすくなりますし、それまで歯ブラシの毛が届かなかったところも磨けるようになります。
つまり、審美歯科治療を受けることで虫歯や歯周病を予防することができるのです。

・食事がおいしくなる
審美歯科治療でかみ合わせが整うと、食事でしっかりと噛むことができるようになります。
きちんと食べ物を噛むことができるようになれば、いままで感じることのなかった繊細な味も感じることができるようになるんです。
自然と食事が楽しくなることでしょう。

当院では、一般歯科治療の他、審美歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2021年7月14日

歯医者が嫌いなお子様は少なくないと思います。
でも、歯医者が好きな子もいるんです。

この違いを知ることで、お子様の歯医者嫌いをなくすことができるかもしれません。

・歯医者に対する印象
歯医者嫌いなお子様は歯医者にマイナスのイメージを持っています。
今はあまりありませんが、昔のドラマやアニメでは、子供を脅すために歯医者を使うシーンもありました。
そんな環境で育ったお子様が歯医者を好きになることはないでしょう。
お子様には、歯医者のマイナスイメージを抱かせないしましょう。

・歯医者を知らない
どんなことをするところなのか知らなければ、誰だって怖いでしょう。
だから「お口をきれいにしておいしく食事ができるようにしてくれるところ」といったプラスの言葉で歯医者がどんなところなのかを教えてあげてください。

・待ち時間を楽しく
歯医者の待合室で待っている時間は、どんどん不安が募ってきます。
それが恐怖になるんです。
子供が遊べるスペースを設けている小児歯科もありますので、そういった歯科を利用してお子様に余計な不安を抱かせないようにしましょう。

当院では、一般歯科治療の他、小児歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/