«  2020年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年1月22日

お子様の虫歯などがあった場合、小児歯科を探して診てもらうことが多いと思います。

もしこのとき、親御さんもお口に異常があった場合、どうされるでしょうか?

わざわざ大人用の歯医者さんを別に探して別々に通うのは、正直なところ面倒ですので、小児歯科で大人も診てもらいたいと考えるのが一般的だと思います。

しかし、小児歯科で大人の歯科治療をきちんとしてもらえるのでしょうか?

結論からお伝えすると、小児歯科でも大人の歯科治療は十分にできます。

小児歯科の歯医者さんでも一般歯科の知識や技術は十分にありますので、大人の歯科治療はできるようになっているのです。

むしろ、親御さんもお子様と同じように受信していただくことで、お子様の安心感が増し、治療がスムーズになることもあります。
そのため、ほとんどの小児歯科で大人も治療してもらえるでしょう。

ただし、歯科医院によっては、大人用の設備が少なかったり、他の親御さんの気持ちを考慮して大人の治療を行わない方針だったりする場合もあります。
※特に小さな子供の治療をするときなど、大人の患者がいると親御さんが気を遣われることが多いです

そのため、親御さんも一緒に受信したい場合は、必ず事前に確認するようにしましょう。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

2020年1月15日

お子様の歯並びがどうなるのか、親御さんは気になることでしょう。

特に、ご自分が歯並びで苦労した場合は、遺伝するのではないかと心配になるのではないでしょうか。

顎の大きさや位置は遺伝する場合がありますが、どちらかと言えば、次のような癖の影響のほうが強いです。

・指しゃぶり
・舌の突き出し
・口呼吸
・うつぶせ寝
・頬杖

また、おしゃぶりをつける期間も影響があると言われています。

なお、お子様の歯並びを悪くしないために重要なのは、乳歯を大事にすることです。

乳歯は、順番に生えてくる永久歯を支えて真っ直ぐに生えるように導く役目があります。
そのため、乳歯を虫歯で失ってしまうと永久歯が斜めに生えてしまうことになります。

また、乳歯の頃から歯みがきの癖をつけることができれば、お子様が大人になっても虫歯で悩むようなことがなくなります。
ぜひ、親子で歯みがき指導を受けて正しい歯みがきの仕方をマスターしてください。

歯は健康の要です。
お子様の歯を守ることで、お子様の健康的な生活を支えることができます。

お子様のお口の健康に気がかりのことがあれば、お気軽に歯科医へご相談ください。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2020年1月 8日

歯科矯正治療を、「歯並びを良くして見た目を良くするもの」だと思っていないでしょうか?

確かに、歯並びを良くしてかみ合わせを良くするのは重要な治療効果ですし、審美的に良くするために行うことも多いです。

しかしじつは、歯科矯正を行うことで虫歯予防の効果もあるのです。

歯科矯正を行うということは、歯並びが凸凹になっていることでしょう。

歯並びが凸凹だということは、どうしても食べかすがお口の中に残りやすくなります。

また、凸凹ですので歯ブラシの毛先が届きにくく、歯みがき時のみがき残しが多くなってしまうのです。

そのため、歯並びの悪い人は虫歯になりやすい状態と言えます。

歯科矯正することで、そんな凸凹をきれいにすることができます。
そうすると、歯と歯の隙間に残る食べかすは減りますし、スムーズに歯みがきをすることができるようになって歯垢をきれいに取り除くことができます。

結果、虫歯のリスクが大きく下がることになるわけです。

このように、歯科矯正治療は、予防歯科の観点からも高い効果が期待できる治療だと言えます。

ご自分の歯並びが気になる方は、予防歯科の意味も含めて、歯科矯正治療をご検討ください。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2020年1月 1日

歯科矯正というと、歯並びを整えてお口の周りの美しさを手に入れるだけだと思っていないでしょうか?

じつは、歯科矯正をすると、もっと大きな効果を得ることができる場合もあるのです。


歯並びが悪いと、歯みがきが難しくどうしてもみがき残しができてしまいますので、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

また、歯並びが悪い人はかみ合わせが悪いことが多く、かみ合わせが悪いと、あごの位置がずれてしまうことになります。

あごの位置がずれることで、頭の重心がずれていきます。
そうすると、本来は背骨から腰に載っていることで容易に支えられていた頭を、首や肩、背中の筋肉で無理やり支えなければいけなくなるのです。

その結果、首や肩の筋肉が常に緊張した状態になり、慢性の肩こり、背中の痛み、手足のしびれにまで発展してしまうことがあるのです。

歯科矯正で歯並びやかみ合わせを整えることで、そういった全身の症状を和らげることができるのです。

歯科矯正は時間がかかる根気のいる治療です。
治療中は、審美的なものも含めて、患者様の負担も大きいと思います。

しかし、歯科矯正を行うことで体全体のバランスもとれるようになり、健康を手に入れることもできるわけです。

常に肩こりや背中の痛みに苦しめられている人は、1度歯科医でかみ合わせなどを調べてもらったら良いかもしれません。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年12月25日

重度の虫歯や歯周病になると、歯茎がブヨブヨで血や膿が出てきていたり、歯がグラグラになっていたりしてお口の中がボロボロとも言える状態になります。

そんな人には一刻も早く歯科医へ行って治療していただきたいものです。
しかし、そういった人の中には、「ボロボロの口内を見られるのが恥ずかしい」「放ったらかしにしていた点を怒られそう」といった理由で受信されない人もいます。

安心してください。

歯科医は口の中の様々な症状を見てきていますので、ボロボロの状態も見慣れています。歯科医の中には、そんな状態を見ることでよりやる気になる人もいます。

また、もしその状態を怒るような歯科医師がいても、本心から怒っている人はほとんどいません。むしろ、心配のあまり声が出ただけのほうが多いでしょう。

ぜひ、気負いすることなく歯科医へ相談してください。
虫歯や歯周病は、放置していても良くなることは決してありません。確実に悪化していき、治療できる可能性がどんどん小さくなっていくのです。

歯を失ってからでは、遅いのです。

羞恥心で今後の長い人生で得られる喜びをふいにするのはもったいないでしょう。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年12月18日

虫歯の原因は細菌です。

歯の表面や歯と歯の隙間、歯と歯茎の隙間などで細菌が繁殖して酸や毒素を放出することで歯の表面が溶けて歯茎が炎症を起こします。

ただし、ただ歯の表面に細菌がいるだけでは、唾液やうがいなどで簡単に流れてしまいます。

そのため、細菌たちはねばねばの粘液を出して歯の表面や隙間など膜を作り、塊りになってくっついてしまいます。
この細菌の塊りが歯垢(プラーク)です。
歯垢になってしまうと、唾液やうがいではなかなか細菌を除去できません。

そこで重要なのが、日々の歯みがきなのです。
歯みがきを行うことでこまめにプラークを除去すれば、細菌の酸や毒素も洗い流され虫歯になってしまうことを防ぐことができるのです。

つまり、虫歯を防ぐためには日々の歯みがきを怠ってはいけません。

なお、正しい歯みがきを行うことはそれ以上に重要です。
毎日歯みがきをしても、みがき残しがあってはそこにプラークがたまって虫歯になってしまいますので、歯を1本ずつ丁寧に確実に磨いていかなければいけないわけです。

そんな正しい歯みがきの仕方は、歯科医へ相談すれば指導してもらえます。

大人でも正しい歯みがきができていない人は少なくありませんので、お気軽にご相談ください。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年12月11日

根管治療は、歯の根にまで感染した細菌を除去する治療です。

歯の根には神経も入っていますので、そこに細菌が感染すると激痛が走り、とても辛い状態になります。

そこで、まずは細菌が感染して炎症を起こしている神経や周辺組織を取り除きます。
神経を取り除きますので痛みが消えますが、ここからが本当の根管治療です。

根管治療では、神経を取り除いた歯の根の穴(根管)の中をきれいに洗浄殺菌しなければいけません。

細菌が残っているとそこからまた細菌が増え、再発してしまう可能性がとても高いので、徹底的な洗浄が必要になるのです。

根管は細く折れ曲がっており、枝分かれしていることもありますので、その中をきれいにするのは簡単ではありません。

しかし、根管治療の再発率は70%とも言われており、治療不足の結果再感染していることも多いため、治療に時間をかけてでも完全に殺菌洗浄しなければいけないのです。

その結果、どうしても治療に時間がかかってしまうことになります。
また、患者様が長時間お口を開けたままにしている負担も考慮すると、1日で終わることは珍しく、何日かに分けて治療する方が多いでしょう。

患者様からすれば、すでに痛みもなくなっているのに何度も通わされて長時間治療されることに不満が出るかもしれません。中には、途中で通院を取りやめる人もいます。

しかし、途中でやめてしまうことは、もっと重篤な問題を引き起こす可能性がありますので、ぜひ最後まで協力してください。

根管治療で時間がかかりすぎていると感じても、再発を防止するために歯科医が最善を尽くしている結果ですので、ぜひ協力していただければと思います。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年12月 4日

根管治療は歯の根にまで感染した細菌を除去し、通常なら抜歯するような場合でも歯を残すことができる治療です。

ただし、歯の根は非常に細く枝分かれして曲がりくねっていますので、根管治療の難易度は高く、 再発率が45%から70%にも昇ると言われています。つまり、半分近くの方が再発する難しい治療だと言っても良いでしょう。

そんな根管治療の再発を防止するポイントは、次の点です。

・細菌の除去
・再感染の防止

根管治療は細菌の除去そのものですので、この処置を徹底的に行われます。
歯の根の先にまで感染している場合や歯の根の先から漏れだして表面にまで感染している場合などは、歯茎を切り開いて除去することすらあるのです。

また、非常に多くの細菌が含まれている唾液は、再感染のリスクがとても高いため、患部にかかってしまうことも防がなければいけません。
そのため、根管治療を確実に成功させるためには、ラバーダムという医療用のシートで患部の歯以外を覆ってから治療するラバーダム防湿法を使って治療する必要があります。

最終的には歯の根の奥まで薬剤を充填してしっかりと蓋をすることで再感染を防ぎます。
この時に薬剤が十分に充填されていなかったり、蓋となる歯冠の型取りがうまくできていなかったりすると、隙間から細菌が侵入してしまうことになりますので、繊細な調整が必要です。

これらのポイントは、歯科医師が細心の注意をもって治療に当たる必要があることばかりです。
患者様は歯科医師を信じて、協力していただければと思います。

その上で、もし治療後に少しでも違和感があれば、すぐにご相談ください。

当院では、一般歯科治療の他、根管治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年11月27日

虫歯の治療は、虫歯菌に感染した患部を削ることで行いますので、歯がくぼんだり穴が空いたりすることになります。

治療後のくぼみや穴を塞がなければ、かみ合わせが悪くなってしまいますし、あごの力で歯が欠けたり、そこに食べかすが残って虫歯が再発してしまうこともあるでしょう。

このくぼみや穴を塞ぐ方法には、インレー修復法とレジン修復法の2種類がありますので、紹介しましょう。

・インレー
一般的に「詰め物」と呼ばれるもので、金属や樹脂、セラミックが使われます。(金属のインレーは俗に銀歯と呼ばれています)
基本的に大きな力がかかることの多い奥歯に適用することが多い治療法です。

インレーが取れないようにしなければいけませんので、まずは治療後の穴をもう少し削って特別な形状(インレー窩洞)にします。
その後、型取り用のガムのようなものを噛んでいただいて型取りし、型をもとにして歯科技工士がインレーを作成するのです。
装着は歯科医師が行いますが、この時必ず調整が行われ、できる限りジャストフィットするようにして、接着剤を使って歯に装着します。

・レジン
特定の光を当てると硬化するレジンを穴やくぼみに詰めて修復する方法です。
歯科医師が治療後すぐに行うことができますので、1日で終わりますし、保険適用内の治療でも治療跡が目立ちません。

治療の手順は簡単で、治療後の穴やくぼみにレジンを詰め、光を当てて固まらせるだけ概ね完了です。その後、表面を研磨して歯との段差をなくしてしまえば、舌で触っても見た目にもほとんど分からなくなります。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年11月20日

予防歯科治療というのは、虫歯や歯周病にならないようにする治療のことです。

正確には、初期の虫歯や歯周病を早期に治療して再発しないようにすることで、虫歯や歯周病で歯を失うことを防ぐ手法です。

その内容は、一般的に次のような流れで行われています。

1. 歯科検診
2. クリーニング
3. 初期の虫歯の治療
4. メンテナンス

すべて一般歯科でも行うようなことですが、予防歯科ではこれらの手順を「虫歯に気が付く前」に定期的に行うのです。
そうすることで、虫歯治療に時間がかからないぶん、クリーニングやメンテナンスに大きな比重がかけられます。

なお、メンテナンスというのは歯垢や歯石がたまらないようにするプラークコントロールのことで、正しい歯みがきのやり方の指導も含まれます。
つまり、メンテナンスは歯科医だけが行うのではなく、おうちでも毎日しっかり行う必要があるわけです。

むしろ、虫歯や歯周病は歯垢や歯石がたまることから始まりますので、日々の歯みがきを含むメンテナンスこそ、予防歯科の重要なポイントと言えるでしょう。

しっかりとプラークコントロールすれば、虫歯や歯周病を恐れて好きなものを我慢する必要はありません。
ぜひ1度、歯科医へご相談ください。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/