トップへ » すきっ歯が気になる

すきっ歯が気になる

お子様の歯の健康が気にならない親御さんはいないでしょう。

虫歯は特にそうですが、中には歯並びをとても気にしている親御さんも少なくありません。
その中でも比較的に多いお悩みが、前歯に隙間がある「すきっ歯」です。

6歳から7歳くらいの「歯の生え替わる時期」に、歯の隙間ができてしまって、このまま歯並びがおかしくなってしまうのではないかと不安になる人が多いようです。

でも安心してください。
その時期のすきっ歯は、それほど気にしなくても問題ありません。

6歳から7歳の時期はあごの成長だ活発な時期で、その時期にできる歯と歯の隙間は、むしろ永久歯に生え替わるための準備と言えるものなんです。

小さな乳歯が並んでいるあごに大きな永久歯が生えてくるわけですから、生える場所を作ってあげなければよけいに歯並びが悪くなります。
そのため、歯と歯の間に隙間ができていない方が心配かもしれません。

ただしまったく心配しなくて良いわけではありません。
歯と歯の間に隙間があるということは、ただでさえみがき残しの多い子供にとっては、虫歯になるリスクがとても高まっている時期と言えるからです。

この時期には歯並びよりも虫歯に気を付けて、親御さんがしっかりと仕上げみがきをしてあげるようにしてください。

なお、歯の生え替わりの時期ではないときや永久歯に生え替わったにもかかわらず、子供のすきっ歯が気になった場合は、1度歯科医に相談してください。
何らかの問題を抱えているのかもしれません。

当院では、一般歯科治療の他、小児歯科治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/


トップへ » すきっ歯が気になる


コールバック予約

PAGE TOP