«  2019年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯は予防が命 | メイン | 矯正治療後の「リテーナー」の重要性 »

2019年5月 1日

親知らずは必ず生えると思っている方も多くいます。
でも実は親知らずはすべての人に生えるというわけではありません。
どのくらいの確率で親知らずが生えるといえるのでしょうか?

親知らずは上下4本あるのですが、4本全てが生えるという方は50%ほどといわれています。ですから親知らずが生えてこないからと心配する必要はないのです。

しかし昔はほとんどの大人が上下4本の親知らずを持っていたと考えられています。

現代のように柔らかいものが多くなく、硬いものが多かったために噛むためにあごの力が必要だったといわれているのです。

今でも親知らずが生えてくるという方もいますが、親知らずの生える向きが横向きになってしまっていることもあります。

また正常に生えてきても、親知らずはブラッシングが難しく、虫歯・歯周病になりやすために抜歯を選ぶ方も多いです。
今では親知らずがの存在はあっても、なくてもいいほどの退化しているといえるでしょう。

当院では親知らずに関する相談、トラブルなどを幅広く対応しております。

また親知らずに関する実績も多くなってきています。親知らずに関してどうしたらいいのか?と悩んでいる方がいましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

http://www.genma-shika.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.genma-shika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/768

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/