«  2019年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年3月27日

「セルフホワイトニング」という歯のホワイトニング方法を聞いた事はありますか?
セルフホワイトニングとは、安価でホワイトニングを受けられる事から、最近話題になっているホワイトニング方法です。

しかし、歯質自体を白くする効果は無い他、安全性に疑問があるのも事実です。
今日は、セルフホワイトニングについて詳しく解説します。

セルフホワイトニングとは、その名の通り「セルフ」つまり自分自身でホワイトニングをする方法です。日本では、お口の中に触れる行為は、歯科医師・歯科衛生士・医師以外は法律で禁じられています。

セルフホワイトニングは、医療行為ができないサロンやエステのようなところでも、お客さん自身が施術を行うと事により、ホワイトニングを可能だとしたものです。
抜け道のような方法であり、施術中のトラブルは自己責任となります。

また、歯科医院で行うとホワイトニングのように、歯質を漂白するものではありません。歯科医院のホワイトニングで使用する「過酸化水素」は医療機関以外で取り扱うことができないためです。

セルフホワイトニングは、歯に付着した着色汚れを落とし、歯を本来の白さに戻す事を目的としています。ですから、歯自体の色が黄ばんでいる場合には、思うような効果が得られない事があります。

セルフホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニングとは、全く異なるものです。歯のホワイトニングの流行に伴ない、セルフホワイトニングを実施するお店が増えていますが、内容を理解しておく必要があります。

「歯を白くしたい」とお考えの方は、歯のトラブルを防ぐためにも、一度歯科医院に相談してください。

当院では、審美歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年3月20日

永久歯を失ってしまった場合の治療方には、入れ歯やブリッジのほか、インプラント治療があります。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込む事で、自分の歯と変わりないほどの、自然で安定した噛み心地が得られる治療法です。

インプラントは外科手術になります。治療前には、インプラントを行えるかどうか、インプラント体を埋入する骨の量や質などを詳しく検査します。

顎の骨の量が足りないと、インプラントを埋入できない場合がありますが、骨の量を増やす「骨造成手術」をする事で、インプラントが可能になる場合があります。

例えば、上の奥歯にインプラントを入れようとした場合、上の奥歯の上方部分には、上顎洞という空洞が存在します。そのため、骨の高さが足りないケースがあります。

上顎の骨が少ない場合に行う骨造成手術には、「サイナスリフト」と「ソケットリフト」があります。
その他、上下顎関わらず、インプラントを固定する顎の骨の高さや幅が不足している場合に行われる「GBR法(骨誘導再生法」があります。

顎の骨の状態は詳しく調べなければわかりません。インプラント治療が気になる方は、一度歯科医院で相談・検査を行うと良いでしょう。

顎の骨の状態によっては、「サイナスリフト」「ソケットリフト」「GBR法」などにより、骨を増やすことが可能な場合があります。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年3月13日

顎関節症とは、顎関節やその周囲の筋肉や神経が、何らかの原因で痛み、動きにくくなるものです。
口を開けたり閉じたりする時に音がしたり痛みを感じる、また口がスムーズに開かない、顎が痛むなどの症状がある場合には、顎関節症かもしれません。

症状が重い場合には、日常生活に支障をきたす事もあります。

顎関節症の原因は、様々です。顎関節症の原因となりうる要因を挙げていきたいと思います。

・ 歯ぎしりや食いしばりの癖
・ 頬杖やうつぶせ寝など顎関節に負担がかかり姿勢
・ 急激なストレス
・ 左右片側でばかり噛む癖
・ 悪い姿勢
・ 噛み合わせの歪み
・ 睡眠障害
・ 顔面打撲などの外傷
・ 硬いものを食べたり、大口を開けるなどの顎の酷使

これらの要因が重なり、顎間接症の原因になる事があります。緊張やストレスは、顎の周りの筋肉を緊張させます。直接、歯や顎と関係の無いようなストレスや睡眠障害、悪い姿勢も顎関節症の要因になっている事もあるのです。

顎関節症の治療は、発症の原因となっている要因を取り除くと共に、噛み合わせの調整などを行います。
癖や姿勢、生活習慣など、自分自身で意識して改善する必要があるものもあります。自分の生活を見直す事も大切です。

当院では、顎関節症や噛み合わせなど相談などもお受けしています。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

2019年3月 6日

矯正治療方法の一つに「マウスピース矯正」という治療方法があります。

矯正治療というと、歯の表面に金属のブラケットという装置を装着したイメージが大きいのではないでしょうか。最近では、審美ブラケットという目立たない装置もありますが、ブラケットが目立つことを気にする方も多いです。

「マウスピース矯正」は、透明の薄い板でできたマウスピースを装着して、歯並びを整える方法です。
透明なマウスピースでできているので、装着していても目立ちません。マウスピース矯正の特徴をまとめると次のようになります。

【マウスピース矯正の特徴】
・ 透明なので目立たない
装着している時に、目立たないので、他人に気づかれにくいです。人前に出る事の多い方、人と接するお仕事をしている方にもおすすめです。

・ 取り外しができる
マウスピースは簡単に自分で取り外しができます。ですから、食事をする時や、歯磨きをする時に外す事ができます。
ただし、一日のうちにマウスピースを装着しなくてはいけない時間は決まったおり、20時間程度は必要です。食事や歯磨きが終わったら、すぐに再装着をするようにしましょう。きちんと装着時間を守るなど、自己管理できる事が大切です。

・ 適応できない症例がある
マウスピース矯正は、歯の移動距離が大きい症例や骨格の影響が大きい症例には向いていません。適用できない症例もあります。

当院では、矯正歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.genma-shika.com/

« 2019年2月 | メイン | 2019年4月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
げんま歯科クリニック

げんま歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

げんま歯科クリニック
http://www.genma-shika.com/