トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 【歯周病とは?】自覚症状がほとんどない、恐ろしい病気

【歯周病とは?】自覚症状がほとんどない、恐ろしい病気

歯周病は、自覚症状がほとんどない病気です。腫れや出血などの症状が現れたときには、かなり進行しています。そのため、早期発見・早期治療が重要です。
歯周病とは.jpg

歯周病は歯周病菌が引き起こす感染症
歯と歯ぐきの間にできた歯周ポケットに汚れが溜まり、歯周病菌がそれを栄養にすると、そこで繁殖を始めます。細菌の増殖により歯肉が炎症を起こし、歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯ぐきや骨が溶かし始めます。さらに進行が進むと、歯を失ってしまう怖い病気です。

適切なブラッシングと歯石クリーニングにより、歯ぐきの腫れ・出血が改善しました。
歯周病治療

このページでは、当院の歯周病治療をご紹介します。




トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 【歯周病とは?】自覚症状がほとんどない、恐ろしい病気


コールバック予約

PAGE TOP