トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » インプラント治療

まるで本物の歯のような、自然な噛み心地と安定感を再現

永久歯を失ってしまったとき、これまでは入れ歯やブリッジが一般的でした。最近では、インプラント治療を選ぶ方も増えてきています。
インプラント

インプラント治療はこんな方にお勧めです
・失われた歯の機能を回復させたい。
・ブリッジのために隣接する歯を削りたくない。
・毎日の食事を楽しみたい。

このページでは、当院のインプラント治療についてご紹介します。

【インプラント治療とは?】歯の機能を回復する画期的な治療

画期的な治療失われた歯の機能を回復させる治療のひとつに、入れ歯治療があります。当院では、入れ歯治療はもちろんですが、より自然で安定した噛み心地が得られるインプラント治療も行っております。

インプラント治療とは?
インプラント体を歯が失われた部分のあごの骨に移植します。その上から人工歯を被せることで、失われた歯の機能を取り戻すことができます。土台となる人工歯根をあごの骨に固定するため、入れ歯・ブリッジと比べて安定性が高く、まるで天然の歯のような自然な噛み心地を取り戻すことができます。

使用しているインプラントの種類は?
当院では、ノーベルバイオケア社ブローネマルクインプラントを使用しています。ブローネマルクインプラントは、1965年から臨床応用が開始された世界初のインプラントシステムです。最も長い臨床実績があり、信頼性が高いインプラントシステムです。

なお、インプラント治療は外科手術を伴うため、あごの骨の量や質によっては治療が難しい場合もあります。まずは、カウンセリング時にご相談ください。

インプラント症例

当院では、インプラント治療の成功率を上げるため、通常よりも治療期間を長く取っています。

インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療の流れ

治療の流れステップ1 カウンセリング
失わった歯とインプラント体を埋入する骨の量や質・位置、インプラント体の数など、詳細な治療計画を立てます。
※ここでは2回法をご紹介しています。症状によっては、1回法を選ぶ場合もあります。
次へ

治療の流れステップ2 インプラントを埋入する手術
ドリルなどの専門器具を使い、あごの骨に穴を空け、インプラント体を埋入します。

術中の感染は、インプラントの成功率を著しく下げてしまいます。より安全で確実な手術をするために、当院では完全な滅菌の下、インプラント治療を行っております。
次へ

ステップ3 治療期間
1次手術から4~6か月で、インプラントと骨が結合します。
次へ

治療の流れステップ4 歯肉を開く手術
移植した部分の歯肉を切開し、人工歯を装着する準備をします。
次へ

ステップ5 人口の歯を製作・装着します
歯肉の状態が安定した後、歯型を採って人口歯を作ります。形や色は患者さんに合せて製作し、インプラントを取り付けます。

※メンテナンスと定期検診について
インプラントを末永くお使いいただくためにも、毎日の口腔ケアと定期検診は欠かせません。装着後、1年間は2~4か月、2年目以降は、1年に1回の定期検診をお勧めします。

関連ページリンク

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » インプラント治療


コールバック予約

PAGE TOP