トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療)

できるだけ痛くない・抜かない治療で苦手意識を克服!

「麻酔注射が痛いので、治療を受けたくない。」
「歯を抜かれるのがイヤ。」
こうした治療中の痛みや、抜歯などの不安から、歯医者さんが苦手という方はいらっしゃいませんか?
一般歯科

当院の治療は、できるだけ痛くない、削らない・抜かない治療です。治療中の痛み対策から始まり、できるだけ健康な歯を残すための取り組みを行なっておりますので、苦手意識をお持ちの方でも、安心して治療を受けていただけます。

お一人おひとりに合わせた治療方法をご提案し、大切な歯をできるだけ残すための努力をしていますので、治療についてのご要望があれば、お気軽にご相談ください。

このページでは、当院の一般歯科についてご紹介します。


痛くない麻酔を可能にした3つの工夫
当院では、麻酔注射の痛みを取り除くために、3つの工夫をしています。そのひとつが表面麻酔です。患部に直接塗って麻痺させるので、針を刺したときの"チクリ"とした痛みがありません。

ふたつ目が麻酔薬の温度と注入回数です。人肌に温めた薬を数回に分けてゆっくりと注入していくので、液が浸透していくときの不快感がほとんどありません。また、緊張していると頬の筋肉が固くなり、針を刺したときの痛みを強く感じがちになります。

患者さんの表情などを見て必要と思われるときは、頬の筋肉をほぐすマッサージも行います。痛みに敏感な方は、遠慮せずにご相談ください。

歯の寿命を守る、できるだけ削らない・抜かない治療
当院では、歯の寿命を伸ばすために、できるだけ削らない・抜かない治療を心がけております。しかし、虫歯の進み具合によっては、必ずしも歯を残せるとは限りません。お口全体の健康を守るために、抜歯を必要とすることもあります。

その場合は、なぜ抜歯が必要なのか、きちんとお伝えし、仮に抜かない場合の今後起こりうるであろうことを説明し、必ず患者さんの同意を得た上での抜歯を行います。ドクターの判断だけで抜歯をすることは、決してありませんのでご安心ください。

なお、抜歯に対して強い不安をお持ちの方には、まず、歯ぐきの処置などを少しずつ行い、治療に慣れた頃合を見計らって抜歯を行ないます。

虫歯の進行と具体的な治療方法

Co(シーオー:初期う触)
虫歯の進行歯が溶け始めて虫歯ができ始めますが、まだ穴が開いていたり、黒くなっていたりはしません。この段階では、フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをきちんと行なえば再石灰化が可能です。


C1(エナメル質う触)
虫歯の進行歯の表面を覆うエナメル質が虫歯菌に溶かされた状態で、小さな穴ができています。
この段階では、まだ象牙質への感染がないので痛みはありません。
治療は虫歯に感染した部分を必要最低限削り、保険適用の白い詰め物を入れて完了します。


C2(象牙質う触)
虫歯の進行エナメル質の下にある象牙質に虫歯が達しているため、冷たい物や甘い物がしみます。治療器具が触ると痛みを感じるため、治療には麻酔が必要です。
虫歯の範囲が小さければ、保険適用の白い詰め物を入れて終了します。
虫歯の範囲が広く、さらに深部まで広がっている場合には麻酔が必要になります。患部を大きく削って型採りを行い、詰め物を製作し、それを装着して完了します。


C3(神経まで達したう触)
虫歯の進行虫歯よってエナメル質と象牙質が溶かされ、神経まで感染している状態です。激しい痛みを伴うことが多く、ひどくなると神経が壊死して根の外で炎症を起こし、膿が出たり歯ぐきが大きく腫れたりすることもあります。この段階になると根管治療が必要です。麻酔をし、壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにお掃除してから被せ物を入れます。


C4(残根状態)
虫歯の進行ほとんどの歯がなくなり、根だけが残っている状態です。ここまで進行すると、ほとんどが抜歯となります。治療可能な歯質が残っていれば、根管治療を行ってから被せ物をします。

関連ページリンク

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療)


コールバック予約

PAGE TOP